チーピンを改善するためのプログラム
コースで左に曲がり続けると、なかなかスコアに繋がりません。このプログラムで、ボールコントロールを強化していきましょう。
練習期間:隔週に2回以上の練習を1ヶ月
#ダックフック
#フック
#チーピン
ターゲット
チーピンに悩む人
ゴール
ショット精度の向上
使用するクラブ
ドライバー
トップオブスイング
ダウンスイング
まずはトップの基本を確認しよう
ボールを真っ直ぐ飛ばすために適した動作でトップの位置を覚えていきましょう。
ゴール
適したトップを習得
やること
ボールコントロールに関わるトップまでの動作確認
やらないこと
フルスイング
目次
フェース面やトップの位置に注意しよう
フェース面やトップの位置に注意しよう
ボールを真っ直ぐ飛ばすために、フェース面の意識をしっかり持ちましょう。そしてトップの位置をしっかり確認しましょう。
1-1.アドレスでフェース面のチェック
ゴール
構えた時にフェースが開けば(閉じれば)右へ(左へ)行く事を理解しましょう。(右打の場合)
注意点
フェースの向きで打ち出し方向が変わる事をしっかり意識して、構えた時のフェース面がどうなっていたかを冷静に分析する習慣を付けましょう。中でもゴルフ未経験、初心者の方は、ボールを打つ際、スイングの仕方ばかりに気を取られがちなので、特に注意しましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-1.アドレスでフェース面のチェック
グリップにも注意しながら、手順2コマ目のフェース向きをしっかりスクエアにする事を意識しましょう。
1-2.真っ直ぐスクエアにテイクバック
ゴール
シャフトと地面が平行な位置で、クラブヘッドが手元と重なる位置を目指しましょう。
注意点
極端にアウトやインサイドに上がらない様に注意しましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-2.真っ直ぐスクエアにテイクバック
コックを取らずに、5コマ目、6コマ目の動作を入念に繰り返しましょう。
1-3.正しいトップの位置確認
ゴール
グリップエンドがボールを指しているか確認しながら練習しましょう。
注意点
上半身を回転させる際、画像右の様に左肩が下に下がると、軸が乱れ、スイングの安定感を欠いてしまいます。画像左の様に左肩はしっかりと横移動を意識しましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-3.正しいトップの位置確認
手順4〜5コマ目を確認して、トップのおおよその位置を確認しましょう。
1-4.体の回転の仕方を確認
ゴール
左肩が右足内側上に来る様なトップを作りましょう。
注意点
クラブシャフトが斜めになる、あるいは左腰が目標反対方向に大きく流れると、この様に肩が回らず正しい捻転が行われません。
\ このドリルをこなそう /
1-4.体の回転の仕方を確認
手順6コマ目を確認して、トップのおおよその位置を確認しましょう。
1-5.スウェーしない様に注意
ゴール
トップの形を作った時、アドレス時の左腰位置に引いた垂線と背中でVの字を作りましょう。
注意点
壁から左腰が離れてしまう方は、今一度バックスイングでの肩の動かし方を確認してみましょう。左肩が下に下がったりしていると、実はスウェーしやすい動きとなってしまいます。
\ このドリルをこなそう /
1-5.スウェーしない様に注意
スイングをしながら意識してもすぐには改善しないので、一度極端なイメージを作って練習してみましょう。
ダウンスイング
動画を投稿するだけプロからアドバイスが届きます