ボールをより遠くまで飛ばすためのトレーニング
このプログラムで、飛距離アップに繋がるピンポイントな練習メニューをこなしていきましょう。
練習期間:隔週に2回以上の練習を1ヶ月
#飛距離アップ
#タメ
#ダウンスイング
#ドライバー
ターゲット
飛距離を伸ばしたい人
ゴール
今よりも+10yの飛距離アップ
使用するクラブ
ドライバー
アドレス編
バックスイング編
ダウンスイング編
飛距離に大切なアドレスを確認しよう
飛距離を出すために欠かせないチェックがアドレスです。正面と後方の2方向から確認していきましょう。
ゴール
アドレスの基本
やること
アドレスの確認
やらないこと
飛ばそうとフルスイングすること
目次
正しいアドレスの確認をしよう
正しいアドレスの確認をしよう
正面と後方からのアドレスを確認し、調整して構えでスイングすることになれましょう。
1-1.正面からのアドレスチェック
ゴール
スタンス幅、ボールポジション、上半身の姿勢に注意して構えましょう。
注意点
ドライバーでのボールポジションや上半身(肩)の角度は間違うとスイングに影響が出てしまうので、特に気にしておきましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-1.正面からのアドレスチェック
手順2〜3コマ目を確認して、ボールポジションやスタンス幅がクラブ毎に食い違わない様に特に注意しましょう。
1-2.後方からのアドレスチェック
ゴール
グリップエンドが差す方向、ボールとの距離(前傾角度)、右手の伸び過ぎに注意して構えましょう。
注意点
ボールとの距離、膝の曲げ具合(前傾角度)、右手の曲げ具合に特に気を付けましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-2.後方からのアドレスチェック
手順5コマ目を確認して、右手の前腕が伸びて、突っ張らない様に特に注意しましょう。
1-3.セットアップの基本を確認
ゴール
基本通りにセットして、まずはボールを打ち慣れましょう。
注意点
ティーの高さやフェース面に対してのボールセット位置を意識せずに練習を繰り返してしまうと、思いもよらぬミスショットから、不調に繋がってしまいます。
\ このドリルをこなそう /
1-3.セットアップの基本を確認
手順2〜3コマ目で、フェース面に対してのボールセット位置の確認、4〜6コマ目でティーの高さを確認しましょう。
1-4.飛距離を出しやすいアドレスを作る
ゴール
画像右側の様な姿勢のアドレスを、無意識にとれる様にしましょう。
注意点
グリップエンドが自分の体の中心を指している人は、スタートからハンドファーストインパクトをむかえづらい構えとなってしまいます。
\ このドリルをこなそう /
1-4.飛距離を出しやすいアドレスを作る
手順2〜4コマ目をよく確認し、素振りを多めに行った後で、ボールを打ちましょう。
1-5.ワッグルを入れてみよう
ゴール
ワッグルを入れて、スムーズにスイングしてみましょう。
注意点
画像左の様に、手元が浮きクラブヘッドがインサイドに上がってしまうと(赤矢印と黄色矢印)、スイングに影響が出ます。或いは、自身がインサイドにクラブを引いている人は、ここを見直す事で、テイクバックの質を高める事が期待できます。
\ このドリルをこなそう /
1-5.ワッグルを入れてみよう
ワッグルの意味は、謂わばスイングのリハーサルです。手順3コマ目の様に正しい位置に上げる様にしましょう。
バックスイング編
動画を投稿するだけプロからアドバイスが届きます