かっこいいスイングを目指すためのプログラム
このプログラムでは、スイング全般フォームを重視したカッコいいスイング作りができるようにメニュー化されています。
練習期間:週2回以上の練習を1ヶ月
#スイングの基礎
#初心者
#基本
#アドレス
#テイクバック
#バックスイング
#トップオブスイング
#ダウンスイング
#インパクト
#フォロースルー
#フィニッシュ
#フォロースルーの肘
#ハンドファースト
ターゲット
初心者ゴルファー、見た目重視な人
ゴール
人から見て恥ずかしくないスイングフォームの習得
使用するクラブ
クラブ全般
基本編
基本編
応用編
構え方、グリップ、クラブの上げ方を身に付けよう
構え方=アドレス、握り方=グリップ、クラブの上げ方=テイクバック、バックスイングの基本を身に付けていきましょう。
ゴール
カッコいいアドレスの習得
やること
アドレス、テイクバック、バックスイング
やらないこと
フルスイング
目次
1.アドレスを覚えよう
2.テイクバック、バックスイングを覚えよう
1.アドレスを覚えよう
ゴルフスイングをカッコよくするには、まずはじめに正しく構えることが大切です。カッコよく構えるポイントをおさえていきましょう。
1-1.アドレス「正面編」
ゴール
スタンス幅、ボールポジション、上半身の姿勢に注意して構えましょう。
注意点
ドライバーでのボールポジションや上半身(肩)の角度は間違うとスイングに影響が出てしまうので、特に気にしておきましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-1.アドレス「正面編」
手順2〜3コマ目を確認して、ボールポジションやスタンス幅がクラブ毎に食い違わない様に特に注意しましょう。
1-2.アドレス「後方編」
ゴール
グリップエンドが差す方向、ボールとの距離(前傾角度)、右手の伸び過ぎに注意して構えましょう。
注意点
ボールとの距離、膝の曲げ具合(前傾角度)、右手の曲げ具合に特に気を付けましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-2.アドレス「後方編」
手順5コマ目を確認して、右手の前腕が伸びて、突っ張らない様に特に注意しましょう。
1-3.握り方の基本
ゴール
構えた際に、違和感なくグリップが握れる様にしましょう。
注意点
左:クローズ、真ん中:スクエア、右:オープンとなり、特殊な状況下でない限りスクエアを基本にしましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-3.握り方の基本
クラブのフェース向き、右手の平が目標を向いていない状態でスイングすると、正しいスイングができない可能性があります。
2.テイクバック、バックスイングを覚えよう
アドレスが正しくできたら、クラブをカッコいい姿勢のまま振り上げる動作を身に付けていきましょう。
2-1.ボディーターンでクラブを上げる
ゴール
終始、グリップエンドがお腹に付いたまま、スイングが出来る様になり、ボールにも2、3球に1回当たる様になってきたら、動画投稿して一度診断してもらいましょう。
注意点
綺麗にボールを打つことよりも、スイング中にグリップエンドがお腹から離れない様に注意しましょう。
\ このドリルをこなそう /
2-1.ボディーターンでクラブを上げる
手順3〜4コマ目で、振り幅とフィニッシュの姿勢を確認しましょう。
2-2.クラブを真っ直ぐ引く
ゴール
シャフトと地面が平行になったところで、手元とクラブヘッドが重なるようにしましょう。
注意点
(左上)『アウトサイドテイクバック』=『外側に上がった状態』で(右下)『インサイドテイクバック』=『内側に上がった状態』です。この様な形にならない様、注意しましょう。
\ このドリルをこなそう /
2-2.クラブを真っ直ぐ引く
ボールを打つと直ぐに癖が出るので、改善するまでは並行してドリルも繰り返しましょう。
2-3.バックスイングの体の動きを確認
ゴール
左肩が右足内側上に来る様なトップを作りましょう。
注意点
クラブシャフトが斜めになる、あるいは左腰が目標反対方向に大きく流れると、この様に肩が回らず正しい捻転が行われません。
\ このドリルをこなそう /
2-3.バックスイングの体の動きを確認
手順6コマ目を確認して、トップのおおよその位置を確認しましょう。
2-4.トップに繋がるバックスイングの確認
ゴール
グリップエンドがボールを指しているか確認しながら練習しましょう。
注意点
左肩が下に下がると、軸が乱れてスイングの安定感を欠いてしまいますので、この動きには注意しましょう。
\ このドリルをこなそう /
2-4.トップに繋がるバックスイングの確認
手順4〜5コマ目を確認して、トップのおおよその位置を確認しましょう。
基本編
動画を投稿するだけプロからアドバイスが届きます