打感を良くするための練習プログラム
このプログラムは、ミート率を重視した練習メニューをピックアップしてあります。
練習期間:週2回以上の練習を1ヶ月
#ハーフスイング
#ハーフショット
#コンパクトスイング
#ミート率
ターゲット
ボールにうまく当たらない人
ゴール
ミート率アップ
使用するクラブ
ドライバー、ショートアイアン、ウェッジ
ハーフスイング編
フルスイング編
ミート率重視のメニューその1
ハーフスイングの振り幅で、ボールに少しでも当たりやすいメニューをこなしていきましょう。
ゴール
ハーフスイングのマスター
やること
ハーフスイングでミートする練習
やらないこと
フルスイング
目次
ミート率アップ【初級編】
ミート率アップ【初級編】
ハーフスイングでこなせる、ミート率アップの練習メニューをこなしていきましょう。
1-1.ハーフスイング
ゴール
スイングスピードが一定、且つボールの当たり方や飛び方も一定になるまで繰り返しましょう。
注意点
いい当たりを打とうとすると、つい腕だけでボールを打ってしまい、三角形が崩れて手打ちになってしまうので、常に三角形を保てる様にしましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-1.ハーフスイング
手順2〜3コマ目を見ながら、クラブを振り上げる位置に注意して、打つ瞬間は頭の位置に注意しましょう。
1-2.コンパクトトップからスイング
ゴール
インパクトの姿勢が構えた時と同じ姿勢になる様にしましょう。
注意点
構えた時点で、しっかり体重が左に乗っているか必ずチェックしましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-2.コンパクトトップからスイング
左足体重&ハンドファーストに構え、手順2〜3コマ目をよく確認しながら、コンパクトにスイングする事を心がけましょう。またこの練習は、長時間行うと姿勢を維持することから、こりが生じて左腰付近に痛みが出る場合がありますので、やりすぎには注意しましょう。
1-3.パター風アプローチ
ゴール
方向、落とし所などを決め、3球中1球狙った所に打てる様、練習しましょう。
注意点
小手先だけで打ってしまうと、インパクトが安定せず単なる手打ちとなってしまいます。体全体を揺さぶって打つ様にしましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-3.パター風アプローチ
手順1コマ目で構えの確認で両脇を締めて、3コマ目で同じく脇を締めたままテイクバックをとる様にしましょう。
1-4.ノーマルアプローチショット
ゴール
胸の前の三角形が崩れないインパクトと、距離感を掴みましょう。
注意点
インパクト前に、顔や上体が目標方向へ向かってしまうと、トップやダフリなどのミスに繋がってしまうので、インパクトを終えるまでは、ボールから目を離さないように特に注意しましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-4.ノーマルアプローチショット
手順2コマ目で振り幅を確認し、4コマ目でスイング中のポイントを確認しましょう。ボールに上手く当たらなくても良いので、胸の前の三角形を維持する事を優先しましょう。
1-5.体の回転だけで打つ
ゴール
腰の回転だけでボールが打てるようにしましょう。
注意点
腰を回していく時、腕でクラブを下ろさないように注意しましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-5.体の回転だけで打つ
3〜4コマ目の形を重点的に意識して練習しましょう。
フルスイング編
動画を投稿するだけプロからアドバイスが届きます