「掌屈」と「ボディーターン」の強化メニュー
トップオブスイングでのシャフトクロスや、手首の背屈に悩む人にとって「掌屈」させることは、難しいとされていますが、このプログラムではそんな「掌屈」とボディーターンを組み合わせて理想的なローテーションスイングを作り上げます。
練習期間:週2回以上の練習を1ヶ月
#掌屈
#トップオブスイング
#シャフトクロス
#ボディーターン
ターゲット
トップでの手首掌屈をマスター
ゴール
手首を掌屈させたトップからボディーターンをマスター
使用するクラブ
ドライバー、アイアン
強化メニュー
掌屈とボディーターン
トップで手首の掌屈をマスターし、理想的なボディーターンを身に付けていきましょう。
ゴール
手首の掌屈とボディーターンのマスター
やること
手首の掌屈矯正、ボディーターンスイング
やらないこと
フルスイング
目次
掌屈したトップからローテーションスイングを身に付けよう
掌屈したトップからローテーションスイングを身に付けよう
トップオブスイングの手首、手の形、ポジションを正して、理想的なボディーターンを取り入れていきましょう。
1-1.下半身の回転を強調して打つ
ゴール
腰の回転だけでボールが打てるようにしましょう。
注意点
腰を回していく時、腕でクラブを下ろさないように注意しましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-1.下半身の回転を強調して打つ
3〜4コマ目の形を重点的に意識して練習しましょう。
1-2.手首の掌屈
ゴール
素振り、又は打球練習でトップの背屈が起きないスイングを目指しましょう。
注意点
ウィークグリップだと画像左下の様な背屈の形になりやすいので、グリップのチェックも行いましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-2.手首の掌屈
手順4コマ目で自分のトップがどのようになっているかしっかり確認してから練習をしましょう。
1-3.トップで指を外す
ゴール
指を外した状態で、シャフトクロスせずスイング出来る様にしましょう。
注意点
トップで外した指をグッと握ってしまうと、それが原因でシャフトがクロスしてしまいます。頼りない感覚があるかと思いますが、トップではグリップが緩んでいて構わないので、確実に右手の親指と人差し指を外しておきましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-3.トップで指を外す
手順5コマ目を確認して、トップの大きさ、バックスイングの目安を確認しましょう。
1-4.トップの大きさをコントロール
ゴール
イメージしたトップと、実際のトップの大きさの違いを知りましょう。この練習ではボールは打たなくて構いません。
注意点
頭の中でイメージしたトップ(画像左)と実際のトップ(画像右)の大きさには少なからず大きさに差があるという事をしっかり認識しておきましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-4.トップの大きさをコントロール
手順5コマ目でイメージと惰性で上げる差を意識しながらチェックしてみましょう。
1-5.トップで「止めて打つ」
ゴール
飛球線後方から見た際、赤線から赤線の間にクラブヘッドが収まる様にしましょう。
注意点
完全に静止した状態からスイング出来る様、振り出しはとにかくゆっくりしましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-5.トップで「止めて打つ」
素振りでシャフトクロスが8割方改善してからでないと、ボールを打つのは難しいでしょう。
動画を投稿するだけプロからアドバイスが届きます