󰒗
シャロースイングの習得を目指す練習プログラム!
このプログラムは、トップから切り返しにかけて、クラブを寝かすようにしてダウンスイングに入る動作が特徴的な「シャロースイング」をマスターし飛距離アップを目指すための厳選メニューとなっています。
練習期間:週2回以上の練習を1ヶ月
#シャロー
#ローテーションスイング
#ボディーターン
#飛距離アップ
#ダウンスイング
#トップオブスイング
#掌屈
󰀎
ターゲット
シャロースイングを覚えたい人
󰙴
ゴール
シャロースイングの習得
󰠣
使用するクラブ
ドライバー、ショートアイアン
導入編
発展編
強化編
シャロースイングに必要な基本動作を覚えよう
いざシャロースイングを、となってもどのようにスイングすればいいのかがイメージが湧きません。ここでは、無意識にシャローの動きができるように導入部の動作を確認していきましょう。
ゴール
シャロースイングの基本動作の習得
やること
ハーフスイングやシャドウスイング
やらないこと
フルスイング
目次
1.基本編
1.基本編
まずはシャロースイングの基本的動作を学んでいきましょう。
1-1.右腕一本でシャローをイメージ
ゴール
テイクバックからダウンスイングで、クラブがシャローに動くイメージをしっかり作りましょう。
注意点
バックスイングでは必ずシャフトと背筋が同じ角度になる様に意識しましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-1.右腕一本でシャローをイメージ
手順3コマ目のバックスイングではシャフトが背筋と同じ角度になる様にしっかり確認し、4コマ目ではクラブが寝る=シャローな動きになることを確認しましょう。
1-2.シャロースイングの基本動作
ゴール
フィニッシュにかけて、腰のターンではなく、足で地面を踏みしめ、跳ね返す動きを身に付けましょう。
注意点
フィニッシュに向けての動作では、腰の回転ではなく、両足で地面を踏みしめ、跳ね返すようにしましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-2.シャロースイングの基本動作
手順4〜5コマ目の動作を反復してしっかり動きを覚えましょう。
1-3.スウェーさせない動きを覚える
ゴール
通常通りスイングした時も、アドレスからバックスイングでスウェーせず、体の幅の中で回れる様にしましょう。
注意点
机から右腰が離れるすぎると腰が引けてしまうので目安はあくまで指2、3本にしてください。
\ このドリルをこなそう /
1-3.スウェーさせない動きを覚える
手順4コマ目、特に机から離れる距離に注意して行いましょう。
1-4.ハンドファーストインパクトを覚える
ゴール
インパクト直後に静止して、右手首の角度が崩れていない様にしましょう。
注意点
左へ引っ掛ける、トップする、ダフるなど、様々なミスを誘発するので、正しいフォロースルーの形をよく確認しましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-4.ハンドファーストインパクトを覚える
手順1コマ目でしっかりこのドリルの構え方を確認し、6〜7コマ目のこのドリルポイントを入念にチェックしましょう。
1-5.ヘッドのスピードを高める
ゴール
左膝が伸びることでヘッドが加速していく感覚を掴みましょう。
注意点
通常のスイングよりも、左膝に重心をを乗せて左膝が曲がった状態を作るようにしましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-5.ヘッドのスピードを高める
手順2コマ目の、左膝を伸ばすタイミングに注意しながらインパクトでヘッドが走る感覚を養いましょう。
発展編
󰁔
動画を投稿するだけプロからアドバイスが届きます