󰒗
ゴルフスイングは腕に頼らず腰の回転で行う!ボディーターン練習法!
このプログラムは、腕に頼らず体の回転でスイングすることを目的として構成されています。
練習期間:週2回以上の練習を1ヶ月
#タメ
#ダウンスイング
#ボディーターン
󰀎
ターゲット
ボディーターンを習得したい人
󰙴
ゴール
ボディーターンスイングの習得
󰠣
使用するクラブ
ドライバー、ショートアイアン
強化練習メニュー
腕に頼らないスイングを身に付けよう
腕に頼ったスイングをしてしまう原因となる動きを根本から改善していきましょう。
ゴール
ボディーターンスイングの習得
やること
ボディーターンスイングの部分練習
やらないこと
フルスイング
目次
ボディーターンスイングの練習
ボディーターンスイングの練習
腕に頼らないスイングを習得するための練習を順序立てて行っていきましょう。
1-1.ハーフスイングで腰の回転を意識
ゴール
腰の回転だけでボールが打てるようにしましょう。
注意点
腰を回していく時、腕でクラブを下ろさないように注意しましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-1.ハーフスイングで腰の回転を意識
3〜4コマ目の形を重点的に意識して練習しましょう。
1-2.左股関節を意識する
ゴール
ダウンスイングで、左股関節から外旋して切り返す感覚を掴みましょう。
注意点
左足のつま先を開いているので、バックスイングは大きくならないように注意しましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-2.左股関節を意識する
1コマ目つま先をしっかり開き、2コマ目バックスイングは小さくあげることを徹底しましょう。大振りをするとドリルの効果が半減してしまいます。
1-3.3段階スイングでヘッドスピードを高める
ゴール
左膝が伸びることでヘッドが加速していく感覚を掴みましょう。
注意点
通常のスイングよりも、左膝に重心をを乗せて左膝が曲がった状態を作るようにしましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-3.3段階スイングでヘッドスピードを高める
手順2コマ目の、左膝を伸ばすタイミングに注意しながらインパクトでヘッドが走る感覚を養いましょう。
1-4.腕に頼らずにクラブを上げる感覚を養う練習
ゴール
一連の動きが力まずできるよう、繰り返し行いましょう。
注意点
両肘が曲がっていると、結局は手上げになってしまうので、注意しましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-4.腕に頼らずにクラブを上げる感覚を養う練習
手順2コマ目のヘッドを引く方向に注意して練習しましょう。
1-5.腕を完全脱力して「タメ」を作る
ゴール
画像下の様にタメが作れる様に、手首を柔らかく使いましょう。
注意点
このドリルは、とにかく手首をゆるゆるにしてでも脱力する事が大切です。手首の動きが固いと効率良くヘッドスピードも出なくなってしまいます。
\ このドリルをこなそう /
1-5.腕を完全脱力して「タメ」を作る
手順2コマ目の手首の脱力を特に意識しましょう。余程イメージが出るまでは打球練習は実施せず、ボールを打つ事より手首の脱力を意識出来る範囲で素振りを多く行いましょう。
動画を投稿するだけプロからアドバイスが届きます