󰒗
真っ直ぐ打てない原因はローテーションにあり!?フェースを正しく使う方法!
このプログラムは、フェースローテーションを正しく覚え、フォロースルーでしっかり腕を伸ばす事を目的としたメニュー構成がされています。
練習期間:週2回以上の練習を1ヶ月
#フェースアングル
#フェースターン
#フェース
#アームローテーション
󰀎
ターゲット
インパクトからフォローでフェースコントロールに悩みのある人
󰙴
ゴール
正しいフェースローテーションを習得
󰠣
使用するクラブ
ドライバー、ショートアイアン
基礎編
応用編
インパクトからフォロースルーの正しい姿勢を覚えよう
フェースローテーションの前に、まずは正しい姿勢を作りましょう。正しい姿勢=土台ができていなければ、フェースコントロールもできません。
ゴール
正しいインパクトとフォロースルーの姿勢を覚えよう
やること
インパクトとフォロースルーの姿勢の確認
やらないこと
フルスイング
目次
1.正しい姿勢を覚えよう
1.正しい姿勢を覚えよう
まずは正しい姿勢をインパクト、フォロースルーの順に覚えていきましょう。
1-1.アドレスとインパクトの違いを確認
ゴール
アドレスとインパクトの姿勢の違いを理解しましょう。
注意点
上半身が先行すると、姿勢が崩れてクラブもコントロールしづらくなりショットが安定しません。注意して姿勢を作りましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-1.アドレスとインパクトの違いを確認
手順4コマ目を見ながら、アドレスとインパクトの姿勢の違いをよく確認しましょう。
1-2.ハンドファーストを作りやすい構えの確認
ゴール
画像右側の様な姿勢のアドレスを、無意識にとれる様にしましょう。
注意点
グリップエンドが自分の体の中心を指している人は、スタートからハンドファーストインパクトをむかえづらい構えとなってしまいます。
\ このドリルをこなそう /
1-2.ハンドファーストを作りやすい構えの確認
手順2〜4コマ目をよく確認し、素振りを多めに行った後で、ボールを打ちましょう。
1-3.ハンドファーストを体感する
ゴール
スイング全般でハンドファーストのイメージを確立させましょう。
注意点
マットを押す際は、画像右側の様に手だけハンドファーストにしてただ手で押し込むのではなく、画像左側の様にしっかりと体重も左足側へ寄せて、体全体のバランスも意識しましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-3.ハンドファーストを体感する
マットの側面を押す感覚について、手順6コマ目で圧のかけ方を確認しましょう。
1-4.フォロースルーの姿勢を確認
ゴール
素振りでも打球スイングでも、同様の姿勢が出来る様に繰り返しましょう。
注意点
このドリルでは終始しっかり体重を左に乗せるようにします。最後の姿勢を取るまでしっかり乗せ続けましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-4.フォロースルーの姿勢を確認
手順3〜4コマ目を特に注意して、姿勢や腕のポジションをよく確認しましょう。
1-5.クラブを振って姿勢を作る
ゴール
フォロースルーで頭の位置が変わらない様にしましょう。
注意点
クラブを振っていく際、目標方向とは反対に腰が引けると、目標方向へ突っ込みやすくなってしまうので、下半身の体重移動を意識しましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-5.クラブを振って姿勢を作る
手順3〜4コマ目でドリルのポイントをしっかり確認して1回1回丁寧に練習しましょう。
応用編
󰁔
動画を投稿するだけプロからアドバイスが届きます