󰒗
こんな時どうする?コースでのあれこれに対応できる練習メニュー集!
ゴルフコースへ行くと、練習場では練習してこなかったスイングをしなければいけない場面に多々遭遇します。実際には練習場で想定して練習できることもあります。このプログラムではそんなコースでの「もしも」に役立つメニューを実践していきましょう。
練習期間:週2回以上の練習を1ヶ月
#トラブルショット
#高い球
#低い球
#コントロールショット
󰀎
ターゲット
コースでも役立つ応用的な練習がしたい人
󰙴
ゴール
コースでも役立つ応用ショットの習得
󰠣
使用するクラブ
アイアン
応用練習集
コースでの万が一に供えよう
コース内では、毎回平らな状況からスイングができるわけではありません。色々な状況に対応できる練習メニューをこなしておきましょう。
ゴール
コースで役立つ応用練習
やること
応用メニュー
やらないこと
フルスイング
目次
シーン別に行う応用練習
シーン別に行う応用練習
各シーン別の応用練習をこなしていきましょう。
1-1.目の前の障害物を高い球で越していく
ゴール
打ち出し角度が高いボールを打てる様に繰り返し練習しましょう。
注意点
腕に力が入ると、タメが解けるとダフリやトップのミスを誘発してしまうので、十分脱力する様にしましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-1.目の前の障害物を高い球で越していく
4コマ目の様にハンドファーストに打てないと、ダフッてしまったり、トップしてしまうので、しっかり打ち込む意識を持ちましょう。
1-2.林からの脱出を想定した低い球の打ち方
ゴール
低いボール、且つフェースターンも抑えられる様にしていきましょう。
注意点
林からのショットは、自身のすぐ近くに木や枝葉などが存在するので、クラブの振り幅はとても重要です。ここだと思った位置にトップが作れるようにしておきましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-2.林からの脱出を想定した低い球の打ち方
きっちりボールを捕らえるため、手順6コマ目の動きを特に意識しましょう。
1-3.傾斜地や足場の悪い状況を想定した練習
ゴール
ミドルアイアンでもワイドなスタンスでスイングする事に練習場で慣れておきましょう。
注意点
下半身を踏ん張る意識から、手打ちにならない様に注意しましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-3.傾斜地や足場の悪い状況を想定した練習
手順3コマ目のポイントをしっかり抑えて、コンパクトなスイングとなる様にしましょう。
1-4.距離感を出す「コック」
ゴール
バックスイングもフォローも「L字」が作られるようにしましょう。
注意点
バックスイングとフォローで、おおよその手の形や位置が左右対称となるようにしましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-4.距離感を出す「コック」
2コマ目のように、手の位置に対してクラブヘッドが上がっている感覚=コックの形を意識してテイクバックしましょう。
1-5.高さを思い切り出す「ロブショット」
ゴール
重心を低く保ち、鋭く振り抜いてボールを高くを打ち出しましょう。
注意点
アプローチ全般に言える「ヘッドアップ厳禁」がこのショットの場合、特に重要となります。重心を低くイメージする事が大切なだけに、上体が起き上がってしまうと、決して上手く打てないので注意しましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-5.高さを思い切り出す「ロブショット」
ボールの下をくぐらせるようなイメージで打ちましょう。手順2〜4コマ目を確認してイメージをもちましょう。最初のうちは、上手く打てなくても打球結果に囚われず、構え方を毎回確認する余裕を持ちましょう。
動画を投稿するだけプロからアドバイスが届きます