󰒗
ダウンスイングで効率良くタメを効かせる「正しいトップの作り方」
このプログラムでは、正しいトップオブスイングのポジションからダウンスイングに入れる様、基本メニューで構成されています。
練習期間:週2回以上の練習を1ヶ月
#アドレス
#トップオブスイング
#基本
#コンパクトスイング
󰀎
ターゲット
基本スイングを身に付けたい人
󰙴
ゴール
正しいトップからのダウンスイングを習得
󰠣
使用するクラブ
ドライバー、アイアン
基本動作
トップの基本
正しいアドレスを身に付けよう
正しいトップの位置、正しいダウンスイングを身に付けるために、まずアドレスの基本から確認していきましょう。
ゴール
アドレスの基本マスター
やること
アドレスの基本確認
やらないこと
フルスイング
目次
アドレスの確認
アドレスの確認
まずは基本アドレスから確認していきましょう。
1-1.後方からのアドレスチェック
ゴール
グリップエンドが差す方向、ボールとの距離(前傾角度)、右手の伸び過ぎに注意して構えましょう。
注意点
ボールとの距離、膝の曲げ具合(前傾角度)、右手の曲げ具合に特に気を付けましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-1.後方からのアドレスチェック
手順5コマ目を確認して、右手の前腕が伸びて、突っ張らない様に特に注意しましょう。
1-2.正面からのアドレスチェック
ゴール
スタンス幅、ボールポジション、上半身の姿勢に注意して構えましょう。
注意点
ドライバーでのボールポジションや上半身(肩)の角度は間違うとスイングに影響が出てしまうので、特に気にしておきましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-2.正面からのアドレスチェック
手順2〜3コマ目を確認して、ボールポジションやスタンス幅がクラブ毎に食い違わない様に特に注意しましょう。
1-3.グリップの確認
ゴール
構えた際に、違和感なくグリップが握れる様にしましょう。
注意点
左:クローズ、真ん中:スクエア、右:オープンとなり、特殊な状況下でない限りスクエアを基本にしましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-3.グリップの確認
クラブのフェース向き、右手の平が目標を向いていない状態でスイングすると、正しいスイングができない可能性があります。
1-4.両腕のバランスを確認
ゴール
右肘は曲がるシーンが多い事、左肘は伸びるシーンが多い事をしっかり理解しましょう。
注意点
右肘は突っ張らない様に注意しましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-4.両腕のバランスを確認
未経験・初心者にとっては、基本を確認する上でちょうど良いドリルです。まずは鏡を見ながら手順2コマ目の姿勢を確認しましょう。
1-5.セットアップを確認
ゴール
基本通りにセットして、まずはボールを打ち慣れましょう。
注意点
ティーの高さやフェース面に対してのボールセット位置を意識せずに練習を繰り返してしまうと、思いもよらぬミスショットから、不調に繋がってしまいます。
\ このドリルをこなそう /
1-5.セットアップを確認
手順2〜3コマ目で、フェース面に対してのボールセット位置の確認、4〜6コマ目でティーの高さを確認しましょう。
トップの基本
󰁔
動画を投稿するだけプロからアドバイスが届きます