󰒗
アプローチの基礎が身に付く!超入門編
このプログラムで、アプローチの基本を抑え、基本的なアプローチショットを身に付けましょう。
練習期間:週2回以上の練習を1ヶ月
#アプローチ
#基本
󰀎
ターゲット
アプローチの基本がわからない人
󰙴
ゴール
30yアプローチの精度向上
󰠣
使用するクラブ
ウェッジ全般
基本編
応用編
アドレスとグリップ、基本の打ち方を確認しよう
アプローチを習得する上でももちろんアドレスやグリップはとても大切です。基本的な部分を確認しましょう。
ゴール
アドレスとグリップ、基本ショットの正しい形をマスター
やること
アドレスとグリップ、アプローチの基本ショットの確認
やらないこと
フルスイング
目次
グリップを確認しよう
アドレスを確認しよう
基本ショットを打ってみよう
グリップを確認しよう
まずは正しいグリップを確認しましょう。
1-1.グリップの確認
ゴール
構えた際に、違和感なくグリップが握れる様にしましょう。
注意点
左:クローズ、真ん中:スクエア、右:オープンとなり、特殊な状況下でない限りスクエアを基本にしましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-1.グリップの確認
クラブのフェース向き、右手の平が目標を向いていない状態でスイングすると、正しいスイングができない可能性があります。
1-2.繰り返し握ってグリップを馴染ませる
ゴール
違和感なくスムーズにスイング、ボールを打つ事が出来るようになるまで繰り返し握り直しましょう。
注意点
グリップに関しては、絶対にこの握り方だ、というものではないですが、まず基本のスクエアグリップを身に着けておきましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-2.繰り返し握ってグリップを馴染ませる
手順5コマ目の文章にもある様に、グリップに違和感を感じながら練習しない様、日頃からグリップはマスターしておきましょう。
アドレスを確認しよう
グリップの次はアドレスの確認をしましょう。通常のアドレスとの違いをしっかり理解しましょう。
2-1.アプローチのアドレス確認
ゴール
アプローチの基本的な構え=《左足体重で構える》を理解しましょう。
注意点
手元だけがハンドファーストになるのではなく、体重もしっかりと左に乗せましょう。
\ このドリルをこなそう /
2-1.アプローチのアドレス確認
手順3〜4コマ目を見て、必ず鏡または動画撮影するなどして構えの確認をしてから練習しましょう。ボールに上手く当たらなくても気にせずに、構えに集中しましょう。
基本ショットを打ってみよう
アドレスが作れたら、基本ショットを行いましょう。
3-1.アプローチの基本ショット
ゴール
胸の前の三角形が崩れないインパクトと、距離感を掴みましょう。
注意点
インパクトを終えるまでは、顔や上体がボールから離れないように特に注意しましょう。
\ このドリルをこなそう /
3-1.アプローチの基本ショット
手順2コマ目で振り幅を確認し、4コマ目でスイング中のポイントを確認しましょう。ボールに上手く当たらなくても良いので、胸の前の三角形を維持する事を優先しましょう。
3-2.パターの様に打つ
ゴール
方向、落とし所などを決め、3球中1球狙った所に打てる様、練習しましょう。
注意点
小手先だけで打ってしまうと、インパクトが安定せず単なる手打ちとなってしまいます。体全体を揺さぶって打つ様にしましょう。
\ このドリルをこなそう /
3-2.パターの様に打つ
手順1コマ目で構えの確認で両脇を締めて、3コマ目で同じく脇を締めたままテイクバックをとる様にしましょう。
応用編
󰁔
動画を投稿するだけプロからアドバイスが届きます