󰒗
ボディーターンを強化して「ボールコントロール」を高める練習プログラム!
体の回転が不足していたり、腕に頼ったりしていると、スイングプレーンが不安定になり、方向が定まらなくなってしまいます。このプログラムで体の使い方をマスターしていきましょう。
練習期間:週1回以上の練習を3ヶ月
#方向性アップ
#スイングプレーン
#インパクト
#ダウンスイング
󰀏
ターゲット
ボールコントロールを改善したい人
󰙴
ゴール
狙った方向にボールを打つ技術の習得
󰠣
使用するクラブ
ドライバー、アイアン
1ヶ月目
2ヶ月目
3ヶ月目
テイクバック/バックスイングからトップを安定させよう!
ボールコントロールを強化する上で欠かせない、フェースコントロールからスイングプレーンをスイング初期動作から確認していきましょう。
ゴール
スクエアフェース、オンプレーン、軸の安定を習得
やること
テイクバックからバックスイング動作、トップオブスイングでのクラブの位置やフェースの向きを確認していきましょう。
やらないこと
フルスイング
目次
1.テイクバック
2.トップオブスイング
1.テイクバック
スイング初動のテイクバックを確認していきましょう。
1-1.テイクバックのフェースアングルを確認
ゴール
シャフトと地面が平行な位置で、クラブヘッドが手元と重なる位置を目指しましょう。
注意点
極端にアウトやインサイドに上がらない様に注意しましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-1.テイクバックのフェースアングルを確認
コックを取らずに、5コマ目、6コマ目の動作を入念に繰り返しましょう。
1-2.スイングプレーンの確認
ゴール
グリップエンドがボールを差している位置からスイングする事に慣れるまで繰り返し素振りを行いましょう。
注意点
このドリルでは、グリップエンドがボールを差す位置をしっかり見つけることが肝心です。
\ このドリルをこなそう /
1-2.スイングプレーンの確認
トップでしっかり止まり、且つグリップエンドがボールを差す位置を確認する作業を疎かにしてしまうと、ドリルの意味がなくなってしまいます。
1-3.軸の乱れがないか確認
ゴール
トップの形を作った時、アドレス時の左腰位置に引いた垂線と背中でVの字を作りましょう。
注意点
左肩が下に下がると、スウェーしやすい動きとなってしまうので、注意しましょう。
\ このドリルをこなそう /
1-3.軸の乱れがないか確認
スイングをしながら意識してもすぐには改善しないので、一度極端なイメージを作って練習してみましょう。
1-4.バックスイング動作を確認
ゴール
通常通りスイングした時も、アドレスからバックスイングでスウェーせず、体の幅の中で回れる様にしましょう。
注意点
机から右腰が離れるすぎると腰が引けてしまうので目安はあくまで指2、3本にしてください。
\ このドリルをこなそう /
1-4.バックスイング動作を確認
手順4コマ目、特に机から離れる距離に注意して行いましょう。
2.トップオブスイング
正しいトップでのクラブの位置や、フェースアングルを確認しましょう。
2-1.クラブポジションの適正な位置を確認
ゴール
グリップエンドがボールを指しているか確認しながら練習しましょう。
注意点
左肩が下に下がると、軸が乱れてスイングの安定感を欠いてしまいますので、この動きには注意しましょう。
\ このドリルをこなそう /
2-1.クラブポジションの適正な位置を確認
手順4〜5コマ目を確認して、トップのおおよその位置を確認しましょう。
2-2.フェースアングルの確認
ゴール
胸の正面に手元を移動させ、フェースがスクエアになっている状態を作りましょう。
注意点
グリップが極端にずれていないかチェックしてみましょう。①フックグリップ=閉じやすい=左に飛びやすい②ウィークグリップ=開きやすい=右に飛びやすい③スクエア=真っ直ぐ(適正)=真っ直ぐ飛びやすい
\ このドリルをこなそう /
2-2.フェースアングルの確認
正しくグリップした上で、手順3〜4コマ目の手順でしっかりフェース面を確認し、自身の特徴を掴んでおきましょう。
2ヶ月目
󰁔