アドレス
パターの基本「セットアップ」について
#パター
#ストローク
#ショートゲーム
#自宅練習
#3パット
効果
パターの構え方が身に付き、パターの基本が身に付きます。
練習の準備
難易度
未経験・初心者でもできる
スイングへの影響
練習中、打感が悪くなる可能性はほぼない
習得時間(目安)
1時間
必要な道具
パター
ポイント
手順1〜3コマ目で、構え方の手順を確認しましょう。
練習手順
ボールにセットしてから構えるまでの流れを手順に沿って行い、スムーズに出来るまで繰り返しましょう。
まず、右手一本でパターを持ち、フェースをボールへセットして構えます。(ここではラインは読み終え、スパットへ対して真っ直ぐ構えられているものとします)
そして、左手を前腕右手上腕に沿わせ、肩のラインがターゲットラインに沿っているかアライメントを確認します。
そして、左手もグリップし構えが完了します。
構えの際、パターのソールを浮かせる、或いは接地させたまま、ふた通りの考え方があります。何度かトライしてタッチの合わせやすい方を採用すると良いでしょう。
また、ヘッドのヒール寄り、トゥ寄りが浮いた状態で構える事も人それぞれです。広く一般的なものとしては、☆印の真ん中が無難でしょう。色々試してみてもいいでしょう。分からなくなれば一度プロに診断してもらいましょう。
トレーニング手順を動画で確認しよう!
ここに注意しよう!
肩のラインが目標方向から外れてしまうと、ストロークそのものが全くズレてしまいますので、慎重に向きを合わせ、構えの段階でミスを起こさないようにしましょう。
これができたらプロに診断してもらおう!
基本通りに構える事ができ、打ち出し方向も、目標に対して真っ直ぐになるまで繰り返しましょう。
動画を投稿するだけプロからアドバイスが届きます