インパクト
パターの方向性をアップさせるお菓子箱ドリル
#パター
#ストローク
#ショートゲーム
#自宅練習
#3パット
効果
インパクトの際、フェース面がスクエアになり、ボールの打ち出し方向が安定し、パッティングの方向性が良くなります。
練習の準備
難易度
プロの指導が必須
スイングへの影響
練習中、稀に打感が悪くなることがある
習得時間(目安)
4時間
必要な道具
お菓子屋タバコなどの箱、パター
ポイント
真っ直ぐ打てない場合、手順1〜2コマ目の構えとテイクバックを特によく確認しましょう。
練習手順
手順に沿って、ストロークして箱を打ちます。真っ直ぐ打てる様になるまで繰り返しましょう。
フェースをターゲットに対してスクエアに合わせて、フェース面に沿う様にして箱の一辺を合わせます。
フェース面を目標方向へ向けたまま、テイクバックに入ります。この時フェースが閉じたり開いたりする事のないように注意しましょう。
箱の一辺をボールに見立てて、そのまま打ち抜きます。この瞬間、フェースアングルが大きくブレていなければ、この様に箱は真っ直ぐ目標方向へ進んでいきます。
この瞬間まで、フェースは真っ直ぐ目標方向へ向かいます。
トレーニング手順を動画で確認しよう!
ここに注意しよう!
インパクトの一瞬、フェースが閉じている場合は箱が左回転、フェースが開いている場合は右回転してしまうので、スクエアフェースを常に心掛けましょう。
これができたらプロに診断してもらおう!
3回打って3回ともスクエアに当たり、箱が左右に回転しない様に練習しましょう。