󰁍
󰃃
󰮓
バックスイング
スウェーを直すヒントは「右腰」にあった!今すぐ確認できるチェック法!
#自宅練習
#スエー
#テイクバック
#バックスイング
#トップオブスイング
󰂺
概要
ダフリやトップなど、ミート率が悪くて悩んでいる人の多くは、スウェーしているケースがほとんどです。テークバックからバックスイング、トップにかけての動作で、右腰を後ろに引く様に回転すると、左右のブレを少なくすることが可能です。
󰙴
効果
バックスイングからトップにかけて、左右のブレを防ぐことができ、バランスが安定する事で、動作だけではなくスイングが綺麗に整います。
󰥔
練習の準備
難易度
未経験・初心者でもできる
󰓎
󰓒
󰓒
󰓒
󰓒
スイングへの影響
練習中、打感が悪くなる可能性はほぼない
󰓎
󰓒
󰓒
󰓒
󰓒
習得時間(目安)
1時間
必要な道具
なし
ポイント
イメージが湧かない、動きがよく掴めないという方は、手順6コマ目の画像をよく見ながら、自身の下半身の格好を見比べてみましょう。
󰠣
練習手順
手順に沿って、ゆっくり体を動かして、動作を繰り返し行いましょう。
󰁌
1
両足を肩幅に広げ、両手を胸の前で組みアドレスの姿勢を取ります。そして左肩を右足の上に移動させる様にしてテイクバックの動作に入ります。
󰁌
2
ここの動作が、本ドリル中一番重要です。基本的に体の回転という表現になると思いますが、右腰を自分を中心に見た時に「左後ろ方向へ引くイメージ」で回していくと良いでしょう。
󰁌
3
結果、この様なトップの姿勢となります。
󰁌
4
画像右側の様なトップは取らない様に注意しましょう。右腰をしっかり引くイメージで回転させましょう。もちろん、回し過ぎも厳禁ですので、適度に行いましょう。
󰁌
5
画像左側、飛球線後方からの画像でも、左膝がやや前方に出ていて、下半身が回転しているのが分かるかと思います。
󰁌
6
こちらは悪い例です。画像左側を見ると、腰から下の下半身が全く回っておらず、単に横に平行移動しているだけで、手打ちの準備を整えているだけの非常に非効率的な状態です。自身の動きがこの様になっていないか、今一度確認し、正しい動きをクラブを持たずにマスターしてしまいましょう。
トレーニング手順を動画で確認しよう!
ここに注意しよう!
󰁌
アドレス時から、テークバックにかけて左の腰が動いてしまうと、スウェーしてしまいます。最初の動き始めが肝心ですので、しっかり右腰を引く動作を覚えましょう。
これができたらプロに診断してもらおう!
󰁌
体の姿勢が逆向きの「く」の字になる様にしましょう。
こちらもオススメ
こちらも注目
Golfieリーグ開催中ゴルフのランキング戦に参加しよう!
マイコーチを使ってオンラインレッスンを始めよう!
動画を投稿するだけプロからアドバイスが届きます
アプリでさくさく動かそう!