トレーニングドリルを検索
スイング(ストローク)全般
ゆっくりスイングでスイングをもっと綺麗に!
レベル
上級
環境
練習場
効果
スイング中のクラブ操作を確認できる上、苦手なスイング箇所を確認し、動作だけではなくスイングが綺麗に整います。
必要な道具
Pw
Pwを使い、アドレスし、テイクバック、トップまでクラブを『ゆっくり』振り上げていきましょう。スピードが上がらない様に気を付けながら行なって下さい。
そして、ダウンスイングに入ります。ここが一番のポイントです。切り返しの直後にスピードが出てしまう人は、通常のスイングでも同じ様に力が入ってしまいやすいので、注意しましょう。
全身の筋肉をフルに使いつつ、ゆっくりジワジワとクラブを動かしていきましょう。
トレーニング手順を動画で確認しよう!
ここに注意しよう!
ついつい早打ちしてしまいがちですが、極限までゆっくりスイングする様、最大限意識しましょう。
これができたらプロに診断してもらおう!
スムーズにスイングが出来る様になると、スイング中の力の入れどころが分かってきます。芯に当たる回数が3回に1回程度になってきたら、動画投稿して一度診断してもらいましょう。