スイング(ストローク)全般
スムーズなスイングをする為の導入練習
#平行スイング
#スイングの基礎
効果
体の回転に伴い、多少の体重が左右に移動します。このドリルではその僅かな感覚が理解でき、ゴルフスイングの基本が身に付きます。
練習の準備
難易度
未経験・初心者でもできる
スイングへの影響
練習中、打感が悪くなる可能性はほぼない
習得時間(目安)
2時間
必要な道具
ドライバー
ポイント
スイングする要素は少なく、体重移動がメインのドリルなので、手順2〜3コマ目の動きをよく確認しましょう。
練習手順
手順に沿って、ゆっくり体を動かしながらボディーターンを繰り返しましょう。
最初に、おおよそクラブシャフトと地面が平行になる高さまでクラブを自分の真正面に引き上げます。
そして、クラブと手元の高さは変えずに、体重を右に乗せながら、体全体を回転させていきます。ちょうど右向け右をするかの様なイメージです。ここで体重を右足に乗せ切れているかどうかの判断は、左足がつま先立ちになれているかで判断してください。
そこから今度は反対側へ、再び体の回転で、ちょうど左向け左の要領で、左右対称な位置へクラブと手元を持っていきます。ここでもやはり右足つま先立ちになれているかがポイントとなります。
再びスタートの位置にクラブを戻して、繰り返し行いましょう。
トレーニング手順を動画で確認しよう!
ここに注意しよう!
このドリルでは、終始体重の移動が行われます。画像右下の様に両足が地面に着いたまま腕とクラブだけが行き来したりしない様に注意しましょう。
これができたらプロに診断してもらおう!
連続して左右にクラブを振り回せる様にしましょう。