インパクト
スイングの基本!ハーフスイングでミート率を高めよう!
#ミート率
#ハーフスイング
#基本
#ビジネスゾーン
#ショートアイアン
#ハーフショット
効果
スイング習得初期に陥りがちな「手打ち」を予防し、スイングの基本が身に付きます。その他、フルスイング習得に向けての初期練習、或いはアプローチショットにおける振り幅のコントロール習得にも役立ちます。
練習の準備
難易度
基礎があれば簡単
スイングへの影響
練習中、稀に打感が悪くなることがある
習得時間(目安)
4時間
必要な道具
ショートアイアン
ポイント
手順2〜3コマ目を見ながら、クラブを振り上げる位置に注意して、打つ瞬間は頭の位置に注意しましょう。
練習手順
手順に沿って、ゆっくり小さくハーフスイングを繰り返しますが、始めは素振りで行い、スムーズに振れてきたら打球しましょう。
ショートアイアン(初心者、未経験者はサンドウェッジ推奨)を用いて、通常通りアドレスしクラブを上げていきます。
手元、またはクラブヘッドが正面から見て、時計でいう9時を差す所までクラブを上げて、そこから体重をやや左足寄りにかけながらボールを打ちます。この間、胸の前に出来る腕との間隔(=三角形)が崩れない様に注意しましょう。
インパクト、フォロースルーでも当然胸の前の三角形が崩れない様に注意します。フォロースルーでは、ボールがあった場所に視線を向けたままにしておくと、頭も残った正しい姿勢が作れるので意識してみましょう。
画像左側は、クラブを上げる際のシーンで、画像右側は、クラブを下ろす際のシーンになりますが、共通して胸の前の三角形が崩れていません。違いとしては、右側の方は体重が左足側に乗っているので、こちらがインパクト直前だとわかります。
【どうしても難しい場合】ボールを打つ事に意識が行き、中々思う様に行かない場合、この様にティーアップしたボールを打つ様にし、とにかく胸の前の三角形が崩れない様に注意しましょう。
【応用練習】別ドリル同様に、本ドリルでもこの様に100均などで売っているゴムボールを挟んで練習するのも効果的です。
トレーニング手順を動画で確認しよう!
ここに注意しよう!
インパクト前後で、いい当たりを打とうとボールを打つことばかりに意識が行くと、つい腕だけでボールを打ってしまい、画像下の様に三角形が崩れて手打ちになってしまうので胸の前の三角形が崩れない様に注意し、常に一定の間隔を保てる様にしましょう。
これができたらプロに診断してもらおう!
スイングスピードが一定、且つボールの当たり方や飛び方も一定になるまで繰り返しましょう。