トップオブスイング
シャフトクロス、オーバースイングに効く!トップオブスイングでの脱力ドリル!
#オーバースイング
#シャフトクロス
#脱力
#フライングエルボー
効果
トップオブスイングでの無駄な力が入らなくなり、適度な力加減を覚える事ができ、動作だけではなくスイングが綺麗に整います。
練習の準備
難易度
基礎があれば簡単
スイングへの影響
練習中、打感が悪くなる可能性はほぼない
習得時間(目安)
1時間
必要な道具
ドライバー
ポイント
トップでどこにグリップが当たるのか、手順5コマ目を見て、左手親指の腹(青線部分)にグリップを乗せる感覚を意識しましょう。
練習手順
手順に従い、トップでの脱力を実感します。素振りも打球も行いませんので、力感の有無のみ確認しましょう。
ドライバーで通常通りアドレスして、テイクバックを取りトップまでクラブを上げて行きます。
バックスイングは、青線の位置辺りまでで終了とし、大きく上げ過ぎない様に注意しましょう。
トップで、一度あえて指に力を入れ、白線矢印方向にクラブシャフトを突っ張らせて、クラブシャフトと左腕前腕で『L字』を作ります。(青線)
そして、そこから一気に指の力を脱力させ、クラブヘッドの重さを感じます。
脱力した時、左手親指の腹(青線部分)にグリップを乗せる様にイメージしてみましょう。実際にボールを打つ際は、ここまで感じる余裕はありませんが、この練習で意識する事で、無駄な力を抜く事が出来ますので、しっかりイメージしてみましょう。
トレーニング手順を動画で確認しよう!
ここに注意しよう!
脱力する際、左腕を極端に曲げたり(画像左下)、クラブヘッドが大きく垂れてしまったり(画像右下)しない様に注意しましょう。
これができたらプロに診断してもらおう!
トップで不自然に力が入る、又はバランスを崩す事無く、スムーズにスイングしましょう。