トレーニングドリルを検索
バックスイング
右足つま先を内側に入れて、スウェーを防止しよう!
レベル
中級
環境
練習場
効果
バックスイングからトップオブスイングにかけて、体のブレないスイングが身に付き、動作だけではなくスイングが綺麗に整います。
必要な道具
ドライバー
ドライバーを持ち、右足つま先を通常より内側に向けて構えます。
頭上から見たスタンスですが、画像右下の様に右足のつま先をやや内側に向けます。
正面からの拡大画像になります。内側に向ける度合いは、大きければ大きい程スウェーし辛くはなりますが、体への負担も大きく感じられるので、少しずつ行うと良いでしょう。
スタンスが決まったら、テイクバックを取りスイングして行きます。最初は素振りからで構いませんので、違和感が無くなるまで振り慣れてください。
トップオブスイングですが、白線矢印方向に体全体が移動しやすい為、普段スウェーしている人は体のブレが少なく感じ、正しい動きを体感出来るはずです。上手くいかない人は、コンパクトなトップを作る事をオススメします。
切り返し以降も、元々目標方向に体重が移動しやすいバランスの為、下半身が先行してスムーズにダウンスイングに入っていけるでしょう。
インパクト以降はいつも通りしっかりと振り抜き、フィニッシュではピタッと止まりましょう。
トレーニング手順を動画で確認しよう!
ここに注意しよう!
バックスイングで、スウェーしない動きを意識するがあまり、画像の様に右腰が後ろへ大きく引けると、頭も目標方向反対側へ大きく動く事となり、体全体が回転し過ぎてしまうので注意しましょう。
これができたらプロに診断してもらおう!
ドリルの動きと同様に、通常通りスイングした時にも、画像左側の様にスウェーせずに安定してバックスイングからトップオブスイングまで体が動かせたら、動画投稿して一度診断してもらいましょう。