トレーニングドリルを検索
アドレス
パターのスパット確認〜セットアップまでの流れ
レベル
初級
環境
練習場
効果
グリーン上で、狙いを定めるところから、構えて打つ、一連の流れが理解でき、パターの基本が身に付きます。「パターのセットアップ」ドリルと組み合わせて用いると効果的です。
必要な道具
パター
ボールと目標(コースではカップ)を結んだ後方延長線上から目標となるスパット(目印)を見つけます。
ボールと目標を結んだ後方延長線上の立ち、スパットを探す際は、しゃがみこみ、出来るだけ地平線に視線を近付けてターゲットライン上の出来るだけボールに近い、手前よりにスパットを見つけましょう。
スパット(黄色円)を定めたら、そこに向かってフェース面を真っ直ぐ向けて、目線、肩のライン、膝、つま先の各ライン平行に合わせます。
(ここでは、アドレスが全て完了している前提です)準備ができたら、テイクバックを取り、ストロークしましょう。
打ち出した瞬間、狙い通りのスパットに向かって転がっていったか、しっかり確認しましょう。
打ち出し方向が、正しいライン上にボールを転がします。
トレーニング手順を動画で確認しよう!
ここに注意しよう!
ゴルフコースでは、遠くの景色や、様々な起伏などに視線が散らばり、錯覚を起こします。そんな中でもしっかりと狙いを定める事が大切です。
これができたらプロに診断してもらおう!
打ち出しの瞬間、狙ったところにボールが打ち出せる様になったら、動画投稿して一度診断してもらいましょう。