トレーニングドリルを検索
アドレス
アプローチの構え方
レベル
初級
環境
練習場
効果
アプローチの構え方について、広く知られている一般的な構え方が理解でき、アプローチの基本が身に付きます。
必要な道具
ウェッジ
【スタンスとボールポジションについて】スタンスは、靴一足分スペースを作る、もしくは打ち慣れてきたら揃えて構えても構いません。ボールポジションについては、左かかと内側線上なのですが、一見すると真ん中にも見えがちですが、これはスタンスが狭い為そう感じるだけです。一方、右足の前に置くとクリーン打ちやすいので、未経験〜初心者にはお勧めです。それ以外の方は、通常のスイングと極端にボール位置が違う場合は手の動きが変わってしまう為、左かかと内側線上に置く事をお勧めします。
スタンスの向きですが、左足に関してはつま先を若干開くと、体の回転を促すなどフィーリングを出しやすくできる為、お勧めです。この辺りは自身のレベルに応じて調整していきましょう。
ボールにセットしたら、手元と左腰を、それぞれ目標方向にスライドさせ右肩はやや下がる姿勢を取ります。この姿勢を取る事でクリーンにボールを打ちやすくなります。
左足体重に構え、グリップが左股関節あたりを差すこの様な姿勢を作りましょう。最初は構える事を練習しましょう。
こちらは、飛球線後方からの画像です。右肘は適度に緩ませるとリラックスして構えられます。
初心者の場合、この様にクラブを短く持って構えると、クラブが操作しやすくなり、比較的優しくボールを打つことができます。更には、距離感が合わず困っている人の場合でも、この様にして構えるとそれだけで飛距離を落とす事ができるので、一度試してみましょう。
トレーニング手順を動画で確認しよう!
ここに注意しよう!
手元だけがハンドファーストになるのではなく、体重もしっかりと左に乗せましょう。
これができたらプロに診断してもらおう!
アプローチの基本的な構え方が理解でき、しっかりと左足体重で構えられたら、動画投稿して一度診断してもらいましょう。