トレーニングドリルを検索
スイング(ストローク)全般
高さを出すアプローチショット
レベル
中級
環境
練習場
効果
目の前に軽度な障害物があったり、それを高い球で越していきたい場合などに使える高さのあるアプローチショットが身に付き、アプローチショットの基本が身に付きます。
必要な道具
ウェッジ
ボールを高く打ちたい場合、まずはボール位置を基本よりも半個〜1個程度左側へ置き(画像左上)、少し左足つま先をオープンにして構えましょう(画像右下)。この塩梅は個人差がありますので、自身のレベルに合わせて調節していきましょう。
そして次にフェースを開いて構えましょう。ここもどれくらい開くかは個人のヘッドスピードなどにより多少の差はありますので、練習しながらその具合をみていきましょう。
後方からみた場合、この様に白線矢印が目標方向だとして、画像左側の方は開いて構えた時のフェースの向きを黄色の矢印で示しています。ご覧の通り、目標よりも右を向いている状態なのがわかります。
スタンス向き、ボール位置、フェース向きを確認したら、いつも通りテイクバックを取ります。
スイング中、終始左足体重でいる事、右手首の角度を変えないで打つ事などは基本のアプローチショットと同じです。打ち方は変えずに、構えだけ変えて、打ったボールに変化が見られるかをしっかり確認しながら練習しましょう。
打ち終わった後、両腕は柔らかく使い、抜く様なイメージで体の横に添えてボールを見ましょう。
こちらは後方から見たフォローのシーンですが、左肘に注目すると、曲がっているのが分かります。脱力しながら左肘を曲げて力を逃す様にフォロースルーを取ります。画像左から右へ順にフェースの向きを見ると、開いたまま向きが変わっていないのが分かります。この様に、フェース向きを変えない様に画像右の位置までクラブを操作すると、ここでいう左肘の曲がりと力の抜きが分かってきます。
【さらに高さを出したいときは…】高さを出す為のセットアップがマスターできたら、今度は画像の様にコックを作って同じ様に打ってみましょう。その際、思い切り振り抜いてみましょう。勢いよく振っても、フェースが開いている分、力は上に向かうので飛距離は出ずに高さが出ます。数を打って試してみましょう。
トレーニング手順を動画で確認しよう!
ここに注意しよう!
切り返しの瞬間、顔や上体が目標方向へ向いてしまうと、クラブヘッドが下から入り、トップしやすくなってしまうので、必ずインパクトまで目線をボールから離さない様にしましょう。
これができたらプロに診断してもらおう!
軽い打感で、ボールに高さが出はじめたら、動きが習得出来ている証拠ですので、動画投稿して一度診断してもらいましょう。