トレーニングドリルを検索
スイング(ストローク)全般
本番で活かせるロブショット、バンカー練習法!
レベル
上級
環境
練習場
効果
思い切り高さを出すロブショットの打ち方、練習場打席にてバンカーショットを想定した練習法が、それぞれ身に付き、アプローチショットの基本に加え、応用的な技術が身に付きます。
必要な道具
ウェッジ
画像の様に、スタンス、フェースをオープンにして構えます。ボールポジションは左かかと内側線上付近にセットしましょう。
スタンスは肩幅程に開き、やや膝を深く曲げて、重心を低く保ちましょう。
ややハンドレイトに構え、いつも通りのテイクバックから、しっかり肩を回して、バックスイングを取っていきましょう。
切り返し以降は、重心を低く保ったまま、「フェースターンは行わず」ヘッドを一気にボールの下をくぐらせる様に振り抜いていきます。
【バンカーショットを想定した練習】画像の様に、バンカー内で打つ際に自身が設定しているボール位置(青丸内)に一つボールをセットし、その手前(赤丸内)にボールを一つセットします。この状態で実際に打つのは赤丸内のボールですが、ボールのやや手前から打つバンカーショットを想定した練習となります。赤丸内のボールが打てれば、実際には手前の砂を取れている事になりますので、合わせてこの練習も取り入れてみましょう。
トレーニング手順を動画で確認しよう!
ここに注意しよう!
アプローチ全般に言える「ヘッドアップ厳禁」がこのショットの場合、特に重要となります。重心を低くイメージする事が大切なだけに、上体が起き上がってしまうと、決して上手く打てないので注意しましょう。
これができたらプロに診断してもらおう!
重心を低く保ち、鋭く振り抜いて、ボールを高くを打ち出すことが出来たら、動画投稿して一度診断してもらいましょう。