トレーニングドリルを検索
スイング(ストローク)全般
1mを打つ!ショートアプローチ練習方法!
レベル
上級
環境
練習場
効果
グリーン周りの、1m前後のショートアプローチの感覚が身に付き、振り幅のコントロールなども覚えられるので、アプローチの距離感が身に付きます。
必要な道具
ウェッジ
画像の様に、ボールから1m前後のわずかな距離に、ターゲットを置きます。ボールなどでも構いません。目標物が小さければ、小さいほど効果的です。
そして少しズレた所で素振りを行います。この素振りがとても重要で、イメージを最大限に持てる様に数回繰り返し行いましょう。
イメージ出来たら、実際にボールにアドレスします。
そして、素振りと同じイメージで振りましょう。
テンポや振り幅に注意するとともに、上体(顔)などが上向きにならない様に気をつけましょう。安定して目標物に当たる様になるまで繰り返す事が大切です。
トレーニング手順を動画で確認しよう!
ここに注意しよう!
1m前後のアプローチなので、振り幅、テンポには特に注意が必要です。振り過ぎ、振り急ぎ過ぎには十分注意しましょう。
これができたらプロに診断してもらおう!
3球中3球、5球中5球、10球中10球、100%ターゲットに当てられる様になる頃には、かなり安定した動きになっているハズなので、達成できたら動画投稿して一度診断してもらいましょう。