󰒗
スイング(ストローク)全般
手打ちはなぜ起こる?答えはかんたん!腕と体が同調していないから!ボールを挟めば手打ちができなくなります
#手打ち
#腕主体
#手上げ
󰂺
概要
ゴルフ初心者にありがちな腕に頼ったスイングをしている人には、まず体の回転が主にあり、そこに腕がついてくるという感覚を身につける良い練習方法の代表格に「ボール挟み」ドリルがあります。この練習で、腕を主体に振る動きをなくしていきましょう。
󰙴
効果
腕だけでクラブを振る動作が改善され、腕と身体の一体感が生まれ、スイングの基本が身に付きます。
󰥔
練習の準備
難易度
手順動画を見ればできる
󰓎
󰓎
󰓎
󰓒
󰓒
スイングへの影響
練習中、打感が乱れても、気になる程ではない
󰓎
󰓎
󰓒
󰓒
󰓒
習得時間(目安)
2時間
必要な道具
ショートアイアン、市販のゴムボール
ポイント
ボールを綺麗に打つ事が目的ではないので、手順2〜4コマ目を確認しながら、コンパクトにスイングして胸の前の三角形が崩れない様に注意しましょう。
󰠣
練習手順
ボールを挟んだ状態で、まずは素振りを行い、スムーズにスイングできたら打球練習に入りましょう。
󰁌
1
この様に、両肘の間にボールを挟んで構えます。
󰁌
2
両肘に挟んだボールが落ちない様に、バックスイングをとり、時計で言う9時〜3時の振り幅でスイングします。あくまでも腕と身体の一体感を覚える為のドリルなので、しっかりとボールが打てなくても問題ありません。
󰁌
3
トップはこのぐらいの大きさで良いでしょう。
󰁌
4
フォロースルーはここで止めます。
トレーニング手順を動画で確認しよう!
ここに注意しよう!
󰁌
ボールを落とさない事ばかりに意識がいくと、動きがぎこちなくなってしまいかえって力が入ってしまいます。あくまでも胸の前の三角形を意識し、その形を変えない様に心掛けましょう。
これができたらプロに診断してもらおう!
󰁌
ボールを落とさずに、スムーズなスイングが出来る様にしましょう。
こちらも注目
Golfieリーグ開催中ゴルフのランキング戦に参加しよう!
マイコーチを使ってオンラインレッスンを始めよう!
動画を投稿するだけプロからアドバイスが届きます
アプリでさくさく動かそう!