アドレス
再現性を高める綺麗なアドレスの取り方
#アドレス
効果
インパクトでのグリップのズレを防止し、再現性の高いアドレスが作れる様になり、動作だけではなくスイングが綺麗に整います。
練習の準備
難易度
基礎があれば簡単
スイングへの影響
練習中、打感が乱れても、気になる程ではない
習得時間(目安)
2時間
必要な道具
ドライバー、アイアン何番でも可
ポイント
擬似インパクトの形が重要です。手順2〜3コマ目をよく確認しましょう。
練習手順
手順に沿って、アドレスを作ったら、入念に素振りを行いましょう。基本は素振りのみで行い、打球練習は違和感なく素振りをこなせる様になったら行いましょう。
右手(左打ちの場合、左手)でクラブを持ち、ボールにフェース面をセット後、スタンスを取ります。
そして、左手にクラブを持ち替え下半身の体重を左足にかけて擬似インパクトの姿勢を取ります。体重が左に移る分、手元も目標方向にスライドさせ、ハンドファーストを作る形となります。ここで重要なのは、フェース面を真っ直ぐ目標へ向ける事です。
擬似インパクトの姿勢が作れたら、右手を添えてグリップを完成させます。ここでしっかり右手の平が目標方向を向いている様にしましょう。
そして体重を左右均等に掛け直し、通常のアドレスへと戻ります。
後は、普段通りにスイングします。セットアップを変えると微妙にスイングリズムなどが変わり、感覚がズレる可能性もある為、最初の方は入念に素振りを繰り返して、このルーティーンに慣れましょう。
トレーニング手順を動画で確認しよう!
ここに注意しよう!
擬似インパクトの姿勢を取る際、フェース向きに注意しましょう。ここでズレがあると、スイングが良くても方向に乱れが生じてしまいます。
これができたらプロに診断してもらおう!
《右手でフェースセット➡︎スタンス決定➡︎擬似インパクト➡︎アドレス》の流れを確立させましょう。
動画を投稿するだけプロからアドバイスが届きます