スイング(ストローク)全般
ドライバー、短く持ってタメを作ろう!
効果
スイングスピードが上がるだけでなく、素振りでタメが作られ、飛距離アップに繋がります。
練習の準備
難易度
基礎があれば簡単
スイングへの影響
練習中、打感が悪くなる可能性はほぼない
習得時間(目安)
1時間
必要な道具
ドライバー
ポイント
タメを作りやすくするポイントとしては、手順4コマ目の様に、グリップエンドがボールを指す様におろしてくる事です。
練習手順
手順に沿って、短くドライバーを持って、グリップエンドが脇に当たらない様に注意しながら、素振りを行います。このドリルでは、打球はせず素振りのみ行う様にしましょう。
グリップとシャフト部分の境目に少しだけ左手小指(左打ちの場合、右手小指)がかかる様、やや短目にクラブを持ちます。
クラブヘッド(ソール)は地面に着けなくて良いので、この様に楽にアドレスしましょう。
通常のスイング通り、トップオブスイングまでクラブを引き上げます。
ダウンスイングに入った直後の、画像左側のシーンですが、ここが重要です。グリップエンドがボールを指す様に下ろしましょう。後は一気にフィニッシュまで振り抜きます。
フォロースルーの際、画像左側の様に脇とグリップエンドの間は拳1個半位の隙間ができる様にしましょう。画像右側の様に隙間がないと、脇にグリップエンドがぶつかり、怪我の恐れがありますので、注意しましょう。
フィニッシュではしっかり体重を目標方向側の足へ移動させましょう。
トレーニング手順を動画で確認しよう!
ここに注意しよう!
グリップを持つ位置が短過ぎたり、画像右側の様に手首の角度が早く解けてしまうと、脇にグリップが当たってしまう為、この素振りは行えません。しっかりとグリップが脇の下をくぐり抜けるようにスイングしましょう。
これができたらプロに診断してもらおう!
連続素振りで、スムーズにスイングしましょう。