トレーニングドリルを検索
インパクト
手軽にハンドファーストの圧を体感する方法!
効果
インパクトでの手や体に生じる負荷を、手軽に体感でき、ハンドファーストインパクトの感覚がイメージでき、動作だけではなくスイングが綺麗に整います。
必要な道具
アイアン
フェース面に沿う様に、マットの側面を合わせます。
そのままアドレスしたら、画像右側の様に、インパクトの姿勢を取りましょう。体重は目標方向側の足にかけ、手元はハンドファーストにします。この時、フェース面がマットからずれない様、注意しましょう。
体重は、左足側へ乗せたまましっかりと踏ん張り、手元とフェース面でしっかり圧をかける様にしてマットの側面を『グッ』と押します。
インパクト=押し込み➡︎アドレス=戻して➡︎インパクト=押し込み➡︎アドレス=戻してを数回繰り返し、インパクトにおけるハンドファーストを体感しましょう。
慣れてきたら、今度は、30〜50cmほど、僅かにテイクバックを取り、直ぐに体重を左足に乗せ、フェース面でマットの側面を捉えてロックしましょう。この瞬間、手元、フェース面、下半身の踏ん張りで感じる負荷そのものが、実際にボールを打つ時に感じる感覚に近いものとなります。あまり強く行う必要はありませんので、軽く感じられる程度に行いましょう。
画像上2つの様に、右手の甲が伸び切る様な圧のかけ方は決してしない様にしましょう。この動きでは、アーリーリリース、キャスティング、フリップ等の『タメ』が解ける動きを誘発してしまいます。注意しましょう。
トレーニング手順を動画で確認しよう!
ここに注意しよう!
マットを押す際は、画像右側の様に手だけハンドファーストにしてただ手で押し込むのではなく、画像左側の様にしっかりと体重も左足側へ寄せて、体全体のバランスも意識しましょう。
これができたらプロに診断してもらおう!
通常のスイングをした時、素振り、打球練習問わず、自身の中でイメージが変わってきたら、動画投稿して一度診断してもらいましょう。