󰒗
バックスイング
胸の前の三角形って結局どういうこと?
#三角形
󰂺
概要
スイング中、正面から見た時に「胸の形が三角形」に見える様に、両腕の感覚を保つことはとても大切です。クラブを腕主体で上げていて、肩が回っておらず、胸の前の三角形が潰れてしまっている場合は、まず正しい体の使い方を整える必要があります。フォームの確認、修正方法を学んでいきましょう。
󰙴
効果
体全体でスイング出来る様、胸の前に出来る三角形のスペースがキープでき、動作だけではなくスイングが綺麗に整います。
󰥔
練習の準備
難易度
未経験・初心者でもできる
󰓎
󰓒
󰓒
󰓒
󰓒
スイングへの影響
練習中、打感が悪くなる可能性はほぼない
󰓎
󰓒
󰓒
󰓒
󰓒
習得時間(目安)
1時間
必要な道具
何番でも可
ポイント
正しいポジションがわからない場合は、手順2コマ目の主観画像で、目の前に腕とクラブで出来た三角形が出来ているかどうか確認しましょう。
󰠣
練習手順
手順に沿って、胸の前の三角形を意識して、トップのポジションを確認してみましょう。
󰁌
1
正しいトップの位置を確認するドリル同様、アドレスした状態から、前傾姿勢そのままに、手元だけを胸の前まで引き上げます。
󰁌
2
この時、自分の視界の中で、画像の様に両腕と胸のラインで三角形が出来ている事を確認しましょう。
󰁌
3
そして、そのまま三角形の形を崩さない様、バックスイング動作を取りましょう。イメージとしては『右向け右』の様な動作です。右を向いたら、クラブを少し傾けます。ここでも胸の前の三角形は崩れない様にしましょう。
󰁌
4
ここで、この様に手元が胸の正面からズレている場合、既に三角形は崩れてしまっています。
󰁌
5
その場合、手元だけ強引にでも、黄色い矢印方向に動かしてみましょう。そこで手元が胸の真ん中まで移動できた場合は、その分だけ腕でクラブを引き上げてしまっている事になります。ここでしっかり確認しましょう。
トレーニング手順を動画で確認しよう!
ここに注意しよう!
󰁌
バックスイングを取った際、飛球線後方から見た時に、この画像左の様な位置に手があると、大体のケースで画像右側の様にクラブシャフトがクロスしてしまいます。こうなると、よっぽどの熟練者や上級者でない限り、クラブ操作が困難になり、上手くボールに当たらなくなるので、特に画像左のポジションに手元が上がっていないか注意しましょう。
これができたらプロに診断してもらおう!
󰁌
右肩付近に手元が上がったトップを作りましょう。
動画を投稿するだけプロからアドバイスが届きます