スイング(ストローク)全般
アプローチシャンクが止まらない人はパターの様に打ってみよう
#ショートゲーム
#アプローチ
効果
綺麗にボールに当てられる様になり、グリーン周りでの比較的平凡な状況下でのアプローチショットに対応できる様になります。
練習の準備
難易度
未経験・初心者でもできる
スイングへの影響
練習中、打感が悪くなる可能性はほぼない
習得時間(目安)
1時間
必要な道具
ショートアイアン、ウェッジ全般
ポイント
手順1コマ目で構えの確認で両脇を締めて、3コマ目で同じく脇を締めたままテイクバックをとる様にしましょう。
練習手順
手順に沿って、パターの様に構えたら、小さくテイクバックを取り、両脇の感覚を変えない様にしてスイングしましょう。最初は構えの確認、素振りを繰り返し行いましょう。スムーズにスイング出来たら、打球練習を行いましょう。
まずは、画像左側の様に両肘を曲げて構えます。この時、両脇は腕をくっ付けて締めておきましょう。
そして、グリップはパターグリップ(もしくは通常のグリップ)で構えます。ボールの位置、スタンス幅などは通常のアプローチ同様か、ボール位置に関しては、スタンス中央からボール1つ分目標方向側へセットしましょう。
テイクバックを取りますが、この時アドレスで締めた脇が空かない様にしましょう。胸を後方に向ける様にして、体全体でクラブを引く様にしましょう。
インパクトですが、ここでも両脇は締めたまま打ちましょう。
フォロースルーですが、体全体の回転量は多くなり、ここでは胸が完全に目標方向側を向く様にしましょう。
トレーニング手順を動画で確認しよう!
ここに注意しよう!
小手先だけで打ってしまうと、インパクトが安定せず単なる手打ちとなってしまいます。体全体を揺さぶって打つ様にしましょう。
これができたらプロに診断してもらおう!
方向、落とし所などを決め、3球中1球狙った所に打てる様、練習しましょう。
動画を投稿するだけプロからアドバイスが届きます