󰁍
󰃃
󰮓
トップオブスイング
オーバースイングあるある!実はスウェーも併発していた!?
#オーバースイング
#自宅練習
#シャフトクロス
#スエー
󰂺
概要
トップでクラブを上げた際、クラブヘッドがターゲット方向側へ垂れている状態=オーバースイングの原因は、腕に頼ってクラブを上げていたり、スウェーしていたり、理由はいくつか存在します。また、同時にシャフトクロスや右脇の大きく空いたフライングエルボーも併発していることがあるので、このドリルでその誤った動作の根本を改善していきましょう。
󰙴
効果
オーバースイングが収まり、スイング軸の安定に繋がり、方向性が向上します。
󰥔
練習の準備
難易度
手順動画を見ればできる
󰓎
󰓎
󰓎
󰓒
󰓒
スイングへの影響
練習中、打感が乱れても、気になる程ではない
󰓎
󰓎
󰓒
󰓒
󰓒
習得時間(目安)
4時間
必要な道具
なし
ポイント
スイングをしながら意識してもすぐには改善しないので、一度極端なイメージを作って練習してみましょう。
󰠣
練習手順
自宅や練習場で、手順通り腰が壁から離れない様に違和感がなくなるまで繰り返しましょう。
󰁌
1
アドレスの姿勢を取り、両腕を胸の前に組み、壁などに左腰を密着させます。(左腰に密着出来る物であれば、椅子などでも構いません)
󰁌
2
この姿勢から左肩が右足内側上に移動する様にバックスイングをとります。この時、左腰が壁から離れない様にします。
󰁌
3
再度、このポジションに戻り、動作を繰り返します。
󰁌
4
この様に壁から離れてしまわない様に意識しましょう。
󰁌
5
クラブを持ってスイングをする際には、この白いラインあたりでトップを作るイメージでちょうど良いでしょう。実際にはクラブヘッドは惰性でもっと上がっていこうとするので、その時に左膝や下半身の踏ん張りが重要となります。壁から離れなくなれば、クラブを持った時にもこの様なバランスが取れるでしょう。
トレーニング手順を動画で確認しよう!
ここに注意しよう!
󰁌
左肩が下に下がると、スウェーやリバースピボットなどが誘発され、結果オーバースイングの引き金になってしまいます。
これができたらプロに診断してもらおう!
󰁌
トップで左脇腹に適度な張りを感じ、左膝の位置は極力変えない様にしましょう。
こちらもオススメ
こちらも注目
Golfieリーグ開催中ゴルフのランキング戦に参加しよう!
マイコーチを使ってオンラインレッスンを始めよう!
動画を投稿するだけプロからアドバイスが届きます
アプリでさくさく動かそう!