ダウンスイング
ローテーションスイングのイメージ作り
#シャロー
#自宅練習
#ローテーションスイング
効果
タメを作りやすいボディーターンを実践して、力強いインパクトを生む土台が出来上がり、動作だけではなくスイングが綺麗に整います。
練習の準備
難易度
プロの指導が必須
スイングへの影響
練習中、稀に打感が悪くなることがある
習得時間(目安)
4時間
必要な道具
特になし
ポイント
手順3コマ目の様に頭の位置を注意しながら、極端に右肩が下がらない様にして切り返しましょう。
練習手順
手順に沿って、シャドウスイングしていきましょう。頭の中のイメージや感覚だけでは実際の動きとかけ離れてしまう可能性があるので、ゆっくり鏡などをみながら行いましょう。
画像左の様に胸の前で腕を組み、テイクバックを取ります。
ダウンスイング時のボディーターンの意識は『左腰からその場でターンする』様にします。腿の付け根から動かす様に意識してみましょう。
ここで注意しなければならないのは、頭の位置が変わらない様にする事です。画像内、青線で示した位置より、頭が目標方向側へ動かない様にゆっくり動作確認していきましょう。
腰のターンを終えたら、最終的に体重が目標方向側の足へ全て乗り切れる様にしましょう。一つ前の手順画像からこの画像の様に右足かかとが上がっていく部分を何度も確認しましょう。
最終的にこの様にフィニッシュが取れる様にします。
トレーニング手順を動画で確認しよう!
ここに注意しよう!
テイクバックの際、画像右側の様に、右膝が外側に折れてしまわない様に注意しましょう。
これができたらプロに診断してもらおう!
切り返しの際、左腰(黄色の点)から始動し、しっかり腰のターンを入れましょう。
動画を投稿するだけプロからアドバイスが届きます