ダウンスイング
『バンプ』『バンピング』について
#バンプ
効果
ダウンスイングでの体重移動の仕方が理解でき、飛距離の向上だけでなくスイングが綺麗に整います。
練習の準備
難易度
手順動画を見ればできる
スイングへの影響
練習中、打感が乱れても、気になる程ではない
習得時間(目安)
2時間
必要な道具
ドライバー
ポイント
左足を踏み込んだ際、手順4コマ目の様な上体(胸)は右を向いている様な姿勢を意識しましょう。
練習手順
手順に沿って、トップで左足のかかとをヒールアップさせ、踏み込んでストップする動きを、イメージが定着するまで繰り返しましょう。慣れてきたら、その動きの余韻を残して、実際に素振りを行いましょう。素振りを十分行ってから打球練習に移行しましょう。
ドライバーで通常通り、アドレスし、テイクバックを取ります。
トップまでスイングしたら、一度動作を止め、左足のかかとを上げます。
左かかとを地面に着地させると同時に、体重が左足に乗ります。ここで重要なのは《上半身の姿勢、クラブポジションは一切変えない》という事です。
スイングせず、そのまま姿勢をキープします。ここで、下半身は目標方向へ体重がかかり、上半身(胸)は目標反対方向(青矢印方向)を向いている事を確認します。
アドレスに戻り、再度繰り返します。
トレーニング手順を動画で確認しよう!
ここに注意しよう!
画像右側の様に、胸が目標方向側に向いてしまう事で《アウトサイドイン軌道》を誘発してしまいますので、胸の向きに注意して練習しましょう。
これができたらプロに診断してもらおう!
ダウンで、体重が左に乗り、胸は右を向いたまま体の正面でボールを打つイメージを持ちましょう。