󰒗
アドレス
後方から見るアドレスの基本姿勢
#アドレス
#セルフチェック
#ボールとの距離
#アドレスの正しい姿勢
#球が上がらない
#アイアンがダフる
#ダフリ/トップ/チョロ
󰂺
概要
正しいアドレスの姿勢は取れていますか?後方から見た時、正しい前傾角度が取れていないと、猫背になってしまい、腰痛の原因にもなってしまいます。基本姿勢が取れない状態でスイングを続けると、その他スイング動作にも悪影響を及ぼしてしまうので、しっかり基本を確認しておきましょう。
󰙴
効果
アドレスして後方から見た時のチェック項目が理解でき、構え方の基本が身に付きます。
󰥔
練習の準備
難易度
未経験・初心者でもできる
󰓎
󰓒
󰓒
󰓒
󰓒
スイングへの影響
練習中、打感が悪くなる可能性はほぼない
󰓎
󰓒
󰓒
󰓒
󰓒
習得時間(目安)
1時間
必要な道具
何番でも可
ポイント
手順5コマ目を確認して、右手の前腕が伸びて、突っ張らない様に特に注意しましょう。
󰠣
練習手順
一通りのチェックをして、違和感なく構えられるようにして、繰り返し素振りを行いましょう。
󰁌
1
前傾角度のバランスの見方として、グリップエンドがおへそかベルトのバックルを差す様にしましょう。
󰁌
2
次に、脇の下から垂線を引いた時、膝の甲に触れるか触れないか程度の膝の曲げ具合を目安としましょう。
󰁌
3
右手の前腕に注目し、右肘が伸びて突っ張らない様に注意しましょう。
󰁌
4
つま先、膝のライン、肩のライン、全てが目標方向に平行となる様に意識しましょう。
󰁌
5
特に右手の前腕は、突っ張ってしまうとアライメント(方向取り)が崩れ、スイング軌道にも影響が出てしまうので、注意が必要です。
トレーニング手順を動画で確認しよう!
ここに注意しよう!
󰁌
ボールとの距離、膝の曲げ具合(前傾角度)、右手の曲げ具合に特に気を付けましょう。
これができたらプロに診断してもらおう!
󰁌
グリップエンドが差す方向、ボールとの距離(前傾角度)、右手の伸び過ぎに注意して構えましょう。
動画を投稿するだけプロからアドバイスが届きます