テイクバック
アーリーコックで飛距離アップ!
効果
コックが入る様になり、ボールの勢いが増し、飛距離アップに繋がります。
練習の準備
難易度
手順動画を見ればできる
スイングへの影響
練習中、打感が乱れても、気になる程ではない
習得時間(目安)
2時間
必要な道具
ショートアイアン
ポイント
手順2〜3コマ目を確認して、コックを取る位置を確認した上でコンパクトなトップを意識しましょう。
練習手順
手順に沿って、コックを早めに取り、まず素振りを行います。スムーズにスイングできたら、打球してみましょう。
通常通りアドレスします。
そして、クラブヘッドが手元と同じ高さにくるまで、手首を折ってコックを取り、一度完全に動きを止めます。目安は、画像左の様にシャフトと地面が平行且つ、画像右の様に手元とヘッドが重なる位置です。
そこからバックスイングを取り、コンパクトにトップを作ります。目安は左腕と地面が平行になる(画像左の)位置がトップになるくらいコンパクトにしましょう。
通常通りダウンスイングしてスイングします。
強く打とうとせず、軽く振り抜く程度でゆったりと振り抜きましょう。体感的は40%くらいの力感で振りましょう。
トレーニング手順を動画で確認しよう!
ここに注意しよう!
コックを取る際、クラブを引く方向がインサイドに引きやすいので、注意しましょう。
これができたらプロに診断してもらおう!
ハンドファーストにインパクトできると飛距離アップしたり、ボールの勢いが明らかに変わってきます。