ダウンスイング
クラブを肩に担いでタメを作ろう
効果
タメが作られる感覚が実感でき、飛距離アップだけでなくスイングが綺麗に整います。
練習の準備
難易度
手順動画を見ればできる
スイングへの影響
練習中、打感が乱れても、気になる程ではない
習得時間(目安)
2時間
必要な道具
ドライバー
ポイント
手順2〜3コマ目を見ながら、グリップエンドがボールを差す様に下ろす動きを繰り返し行いましょう。
練習手順
クラブを肩に担いだら、手順に沿ってスイングします。素振りのみで、ティーを打ちましょう。
通常通り、トップを作り、画像の様に肩にクラブを担ぎます。
そこから、徐々に左足へ体重をシフトしながら、グリップエンドがボールを差す様にクラブを下ろしていきます。
画像左のイメージでグリップエンドがボールを差す様に下ろせたら、後は重力に任せてクラブヘッドが落ちてくるのを待ちましょう。
ヘッドの重さで勝手にクラブが目標方向へ振られていきます。決して手で振ろうとしてはいけません。
フィニッシュではバランス良く立ちましょう。
トレーニング手順を動画で確認しよう!
ここに注意しよう!
手先でクラブを下ろそうとすると、ヘッドが急降下してタメがみるみるうちになくなってしまうので、しっかりグリップエンドをボールに向けて下ろしましょう。
これができたらプロに診断してもらおう!
ダウンスイングで、しっかりタメが作られている事を確認しましょう。