インパクト
意識するだけでもヘッドアップは防げる
効果
インパクトでのヘッドアップを抑えて、動作だけではなくスイングが綺麗に整います。
練習の準備
難易度
未経験・初心者でもできる
スイングへの影響
練習中、打感が乱れても、気になる程ではない
習得時間(目安)
1時間
必要な道具
ドライバー
ポイント
何気なく振ってしまいがちですが、手順4コマ目にある様に、フォロースルーでもしっかりボールを見たままにしましょう。
練習手順
手順に沿って、頭を残せたと実感があるまで繰り返しますが、まずは素振りで行い、ティーがあればティーを打ちます。スムーズにこなせれば打球してみましょう。
通常通り、アドレスします。
トップはコンパクトになる様にバックスイングを取りましょう。目安は左腕が地面と平行になる様にしましょう。
そこから、クラブを振るというよりは、アドレスの位置に戻す様なつもりでクラブを動かしていきましょう。
画像右の様に、フォロースルー後もボールがあった場所を見たままにしましょう。
トレーニング手順を動画で確認しよう!
ここに注意しよう!
このドリルではトップはコンパクトに作る様にしましょう。画像右の様に大振りしてしまうと、スイングの規模が大きくなりスピードを制御できなくなってしまうので注意しましょう。
これができたらプロに診断してもらおう!
アドレス、インパクト、フォロースルーの頭の位置が変わらない様にしましょう。