トップオブスイング
トップの位置をコントロールしよう
#コントロールショット
#トップオブスイング
効果
トップの位置がイメージ通りに上げられる事で、動作だけではなくスイングが綺麗に整います。
練習の準備
難易度
基礎があれば簡単
スイングへの影響
練習中、打感が悪くなる可能性はほぼない
習得時間(目安)
1時間
必要な道具
ドライバー
ポイント
手順5コマ目でイメージと惰性で上げる差を意識しながらチェックしてみましょう。
練習手順
手順通りに、イメージと実際のトップの位置のギャップに気付くまで反復しましょう。
アドレスし、まずは画像右の様に左腕と地面が平行になる位置でトップを作ります。ここで注意したいのは『ゆっくり』動かしてトップを作るという事です。
そして再びアドレスします。
そして今度は、スピードをつけて『先ほどと同じ位置まで』トップを作ります。ここで、クラブに働く慣性によって、先ほどよりも大きくトップが作られる事を体感しましょう。分からなければ、正面から動画を撮って確認してみましょう。
結果、スピードをつけた場合、この程度のトップになる様にしましょう。
トップオブスイングはその大半がクラブに働く慣性で出来上がると考えましょう。実際のイメージは画像左側の辺りまでです。
トレーニング手順を動画で確認しよう!
ここに注意しよう!
頭の中でイメージしたトップ(画像左)と実際のトップ(画像右)の大きさには少なからず大きさに差があるという事をしっかり認識しておきましょう。
これができたらプロに診断してもらおう!
イメージしたトップと、実際のトップの大きさの違いを知りましょう。この練習ではボールは打たなくて構いません。