󰒗
スイング(ストローク)全般
ティーショットが林に入ったらまず出すことが先決!トラブルショットの基本「低い球を打つ方法」
#コントロールショット
#方向性アップ
#打ち出し方向
#ライン出し
#低い球
󰂺
概要
向かい風=アゲインストの場合、高くボールが上がると、ボールは吹き上がって押し戻され、飛距離を損してしまいます。一流レベルのプロ選手が打つ風に負けない低いボールを総じて「スティンガー」などと呼ぶことがあります。一般的に広く用いられる低いボールの打ち方とは、ボール位置を調整して打つ方法などが存在します。コースで役立つので引き出しとして習得しておくと良いでしょう。
󰙴
効果
ボールをコントロールして打ちたい場面などに役立つ低いボールを打つことができ、方向性が向上します。
󰥔
練習の準備
難易度
手順動画を見ればできる
󰓎
󰓎
󰓎
󰓒
󰓒
スイングへの影響
練習中、打感が乱れても、気になる程ではない
󰓎
󰓎
󰓒
󰓒
󰓒
習得時間(目安)
2時間
必要な道具
7番アイアン、ショートアイアン
ポイント
3コマ目画像右側の様に、フォローで止めて、フィニッシュまで振らない様にしましょう。
󰠣
練習手順
トップはコンパクトに作り、まずは素振りで手順動画の通りフィニッシュまで振り切らないスイングを行いましょう。
󰁌
1
【上】通常の構えに比べて、【下】ボール半個から1個分内側へボールをセットして構えましょう。
󰁌
2
バックスイングを取り、コンパクトにトップを作りましょう。
󰁌
3
インパクトでは、ホウキでボールを払い打つ様なイメージで打ちましょう。フィニッシュは取らず、フォローで止まりましょう。
󰁌
4
【応用】予め、ハンドファースト、左足体重にして構えて、左に体重をかけたまま打つと、より安定した低い球を打つことができます。
トレーニング手順を動画で確認しよう!
ここに注意しよう!
󰁌
腕に力が入ると、タメが解けるとダフリやトップのミスを誘発してしまうので、十分脱力する様にしましょう。
これができたらプロに診断してもらおう!
󰁌
打ち出し角度が低いボールを打てる様に繰り返し練習しましょう。
動画を投稿するだけプロからアドバイスが届きます