󰒗
アドレス
バンカーから脱出できない…「フェースを開く」「オープンスタンス」の誤ったアドレスの認識を見直そう!
#バンカー
#アドレス
󰂺
概要
バンカーショットの基本を理解出来ていますか?ただ漠然とフェースを開いたり、フェースを開くからその分オープンに構えたり、何となくで構えていませんか?結論から言うと、スクエアフェースでもスクエアスタンスでも、バンカーショットは可能です。ただ、アゴの高いバンカーや、距離などによって多少打ち方のコツが変わります。フェースの開く量や度合いによって時に少しオープンに構える事もあり得ます。自身に合ったバンカー対応をしていきましょう。
󰙴
効果
正しいバンカーの構え方を身に付ける事ができ、バンカーショットの基本を身に付けることができます。
󰥔
練習の準備
難易度
基礎があれば簡単
󰓎
󰓎
󰓒
󰓒
󰓒
スイングへの影響
練習中、打感が乱れても、気になる程ではない
󰓎
󰓎
󰓒
󰓒
󰓒
習得時間(目安)
2時間
必要な道具
ウェッジ
ポイント
1〜2コマ目、4コマ目のフェースの開き方、バウンスを効かせた上でのアドレスの取り方をしっかり覚えましょう。
󰠣
練習手順
まずはフェースを開いて構える、大文字の「Y」の字、低重心、などのバンカー特有の構えに慣れるまで、構えを作って解いてを繰り返しましょう。
󰁌
1
バンカーショットはバウンス(黄色矢印部)を使うので、マットの上などで一度バウンスが地面に付き、リーディングエッジ(赤線)が地面から浮いていることを確かめてください。
󰁌
2
続いて真上から見たシャフトの向きですが、一見画像左の様に構えがちですが、正しい形は右側です。
󰁌
3
ボール位置ですが、基本は左かかと内側線上付近に置く様にします。通常のアイアンショットと同じか、わずかに左足寄りと思ってください。左右に微調整しながら自身に合ったポジションを見つけましょう。また、基本的にはスタンスをオープンにはせず、スクエアからスタートし、左へ飛ぶようであれば少しずつオープンに調整しましょう。
󰁌
4
フェースを開いた状態で、おおよそ体の中心にグリップがくる様にして構えます。腕とクラブで大文字の「Y」字になる様にしましょう。ハンドファーストではなく、ハンドレイト気味にするといいでしょう。
󰁌
5
グリップに関してはフェースを開いた状態で握ります。その際、右手のグリップを矢印方向にズラして握ると、フェースターンが抑えられるので、ボールが上がりやすくなります。状況に応じて試してみましょう。
󰁌
6
アドレスに入る前に足場を作りましょう。バンカーショットの場合、砂と一緒にボールを出す打ち方が基本なため、数センチ足場が下がる様に踏みならしましょう。
󰁌
7
通常(左)とバンカー(右)のアドレスですが、脇からの垂線に膝の甲が触れる点と、グリップがおおよそおへそを指すという点は同じです。ただし、バンカーショットの場合、下半身を安定させる意味で膝の曲げ具合が大きいのが特徴です。
󰁌
8
少し左足体重で構えます。しっかりとフェースを開き、バンカー内なのでクラブは地面へ付けずに構えましょう。
トレーニング手順を動画で確認しよう!
ここに注意しよう!
󰁌
ハンドファーストな構えだと、バウンスを活かした特有のインパクトが再現しづらくなってしまいます。
これができたらプロに診断してもらおう!
󰁌
まずは型にはめるつもりで、バンカーショットを打つ上での構えをマスターしましょう。
動画を投稿するだけプロからアドバイスが届きます