󰒗
インパクト
アプローチに悩む人必見!意外?!ワイドスタンスで打つアプローチ練習は「ミート率向上」に有効です。
#アプローチ
#ダフリ/トップ/チョロ
#アイアンがダフる
󰂺
概要
アプローチでミート率が気になる、という人は様々な練習を取り組むもなかなか成果が出ずに困っている人におすすめな練習方法です。一般的にあまり見ない方法で、スタンスを広く取り、アプローチの練習をする事で、腕の使い方を習得できるので、所謂いい意味での「手打ち」の仕方が身につきます。
󰙴
効果
アプローチにおける手の使い方及び、ミート率の向上に繋がります。
󰥔
練習の準備
難易度
基礎があれば簡単
󰓎
󰓎
󰓒
󰓒
󰓒
スイングへの影響
練習中、打感が乱れても、気になる程ではない
󰓎
󰓎
󰓒
󰓒
󰓒
習得時間(目安)
1時間
必要な道具
ウェッジ
ポイント
3コマ目のシーンで、ダフリまたはトップする場合、右肩が下がっていないか、或いは軌道がインサイドから入っていないか、アーリーリリースになっていないか、いずれかを確認する必要があります。
󰠣
練習手順
アプローチでワイドスタンスで打つには最初はかなり違和感のある練習なので、まずは素振りでその違和感を取り除いてください。スムーズに振れたらボールを打っていきます。
󰁌
1
肩幅強にスタンスを広げて、体重を左足寄りに乗せて少しハンドファーストにして構えます。膝が伸びきらない様に気を付けましょう。
󰁌
2
シャフトと地面が平行になるあたりまでテイクバックを取ります。この間も左に体重を乗せたままです。
󰁌
3
インパクトしますが、ここでは「打つ」というよりは「アドレスの形に戻す」というイメージで動きます。
󰁌
4
インパクト後は両腕を伸ばしたフォロースルーで止まりましょう。
トレーニング手順を動画で確認しよう!
ここに注意しよう!
󰁌
この練習では右肩が下がった瞬間、ダフるかトップが出てしまうので、画像右の様にあえて右肩を左肩よりも高くして打つくらいのイメージで打ちましょう。
これができたらプロに診断してもらおう!
󰁌
しっかりと上から打ち込んで、きれいにボールに当たる様にしましょう。
動画を投稿するだけプロからアドバイスが届きます