󰒗
インパクト
「フリップ」「アーリーリリース」「タメの解け」このワードにピンときたら取り組むべき練習!「クロスハンド」グリップでハンドファーストは簡単に覚えられる!
#アプローチ
#フリップ
#アーリーリリース
#タメ
#ハンドファースト
#インパクト
󰂺
概要
ハンドファーストインパクトはスイング全般でとても大切なポイントです。ですが、これがアプローチでもできていない場合、フルスイングではさらに難しくなるでしょう。単純にハンドファーストで打つ!と意識をしても、結局はボールがあると打ち込もうとする意識からフリップしてダフリやトップボールが出やすくなってしまいます。そんな場合、「クロスハンド」でグリップしてアプローチから試してみるといいでしょう。
󰙴
効果
アプローチショットの小さい動きで、ハンドファーストの形が理解できます。
󰥔
練習の準備
難易度
基礎があれば簡単
󰓎
󰓎
󰓒
󰓒
󰓒
スイングへの影響
練習中、打感が悪くなる可能性はほぼない
󰓎
󰓒
󰓒
󰓒
󰓒
習得時間(目安)
1時間
必要な道具
ウェッジ
ポイント
手順3コマ目、テイクバックはほんのわずかに上げましょう。フェースも特に開閉せず、シンプルに上げて戻す様にしましょう。
󰠣
練習手順
まずはクロスハンドグリップをしっかり作り、10yくらいを打つつもりで素振りをします。ある程度素振りを繰り返したら、安定してクラブヘッドが同じ位置に落ちる様になったことを確認してボールを打ちましょう。
󰁌
1
右手が上、左手が下にくる様にグリップします。左手の平の生命線が右手の親指の上にくる様にしましょう。
󰁌
2
グリップができたら、やや左足体重でアドレスしましょう。
󰁌
3
左足体重のままテイクバックを取ります。この時フェースを開かない様に注意しましょう。
󰁌
4
アドレスしたポジションに戻すつもりでインパクトを迎えましょう。
󰁌
5
フォロースルーでも左手首が甲側に折れない様に注意しましょう。
トレーニング手順を動画で確認しよう!
ここに注意しよう!
󰁌
絶対に左手首を甲側へ折らない様に注意しましょう。
これができたらプロに診断してもらおう!
󰁌
クロスハンドでも通常のグリップでも、ハンドファーストに当たる様に繰り返し練習しましょう。
動画を投稿するだけプロからアドバイスが届きます