󰒗
インパクト
バンカーはフェースを開かなくても脱出できる!ボールを上げたい気持ちを抑えて打てればバンカーショットの精度が上がる!
#バンカー
#トラブルショット
󰂺
概要
バンカーショットでボールの手前をダフらせ、砂と一緒にボールを出す、分かってはいるけれどいざ打つとボールを上げようとしてしまい、右肩が下がってはるか手前をダフったり、トップしてホームラン…なんて経験したことのある人も多いはず。このドリルでは、そもそもフェースを開かなくてもボールをバンカーから出す事ができるということを体感するためのものです。開かずバンカーから出せれば、開いた場合にはとても簡単に感じます。
󰙴
効果
バンカーショットに対する「ボールを上げなければいけない」という意識から「ボールは勝手に上がる」という認識へと変化し、バンカーショットの精度が高まります。
󰥔
練習の準備
難易度
基礎があれば簡単
󰓎
󰓎
󰓒
󰓒
󰓒
スイングへの影響
練習中、打感が悪くなる可能性はほぼない
󰓎
󰓒
󰓒
󰓒
󰓒
習得時間(目安)
1時間
必要な道具
ウェッジ
ポイント
手順5コマ目、インパクトではボールを強く打とうとしたり、高く上げようとしたりすると、スイングが乱れてかえってダフリやトップを誘発してしまうので、あくまでもアドレスの位置に戻す様にしましょう。
󰠣
練習手順
まずはボールを打たずに、線を引いてその線上にクラブヘッドを安定して落とせるか数回行ってからボールを打ちましょう。
󰁌
1
このドリルでは左足の真ん前にボールをセットします。
󰁌
2
ボールをセットしたら、右足を後ろへ大きく引きます。
󰁌
3
テイクバックをとりますが、インサイドに引かない様、真っ直ぐ引きましょう。
󰁌
4
トップはコンパクトに「左手の前腕と地面が平行」にきたところで作れるのがベストです。
󰁌
5
インパクトは、ボールを強く打つのではなく、アドレス時のポジションに戻すつもりで振り下ろしましょう。
󰁌
6
打った後も、右足を一歩引いた姿勢をキープしてバランスを保ちましょう。
トレーニング手順を動画で確認しよう!
ここに注意しよう!
󰁌
バックスイングがインサイドに当たるとダフってしまうので、特に注意しましょう。
これができたらプロに診断してもらおう!
󰁌
このドリルで安定して打てると、ボールが面白い様にバンカーから飛び出します。出すのに苦労してしまう場合、毎回同じ位置にヘッドが下りているか確認しましょう。
動画を投稿するだけプロからアドバイスが届きます