󰒗
トップオブスイング
飛距離の源!腰と肩の捻転差を意識するドリル
#捻れ
#捻転差
󰂺
概要
クラブを上げたポジションで、腰と肩の捻転差が少ないと十分なパワーが出せず、いくら練習をしても飛距離が出ません。ボールをより遠くに飛ばそうとした場合、この捻転差がポイントになります。ここで紹介するドリルは、筋力トレーニングのウォームアップのつもりで、練習の際に毎回行うと効果的です。
󰙴
効果
腰と肩の捻転差を体感出来ます。これにより、強いインパクトを生む十分な力が蓄えられ、飛距離アップに繋がります。
󰥔
練習の準備
難易度
手順動画を見ればできる
󰓎
󰓎
󰓎
󰓒
󰓒
スイングへの影響
練習中、稀に打感が悪くなることがある
󰓎
󰓎
󰓎
󰓒
󰓒
習得時間(目安)
4時間
必要な道具
ショートアイアン
ポイント
左足体重&ハンドファーストに構え、手順2〜3コマ目をよく確認しながら、コンパクトにスイングする事を心がけましょう。
󰠣
練習手順
手順に沿って構え、素振りを十分に行い、スムーズにスイングできたと感じたら、打球練習を行いましょう。
󰁌
1
この様に、左足体重、そしてややハンドファーストに構えます。
󰁌
2
下半身は体重をしっかり左へと乗せたまま、テイクバックを取ります。
󰁌
3
この様にコンパクトなトップが作れたら、左脇の服のシワ(注:拡大写真)が出来ているか鏡などで見てみると良いでしょう。画像の様なシワが出来ているか否かが判断基準となります。
󰁌
4
スイング自体はコンパクトにしましょう。
󰁌
5
ドライバーでも同様の練習をする事ができます。特に飛距離を出す事が目的ではありませんので、いつもの3分の1程度の距離を打てば十分です。
󰁌
6
ドライバーですと、身体の動く範囲が広い為、より捻転差を感じる事が出来ます。
トレーニング手順を動画で確認しよう!
ここに注意しよう!
󰁌
深い捻転を感じられるように、左サイドに体重が乗ったままトップが作れるようにしましょう。
これができたらプロに診断してもらおう!
󰁌
コンパクトなスイングでも力強い当たりが出るまで練習しましょう。