󰒗
インパクト
ハンドファーストがなかなかできない!腕の形を覚える効果的な練習方法とは?
#アプローチ
#ハンドファースト
#左手の甲
󰂺
概要
インパクトでハンドファーストに打つことは、飛距離またはボールコントロールを高めるためにはとても重要です。しかし、頭の中で理想の形は分かっていても、それをなかなか再現できないのがゴルフの難しいところです。まずは部分的にスイングを切り分けて考えることが大切です。ここでは腕の動きに意識を置いた練習をしてみましょう。
󰙴
効果
ハンドファーストインパクトに必要な腕の動きを習得することができ、インパクトの質が向上します。
󰥔
練習の準備
難易度
基礎があれば簡単
󰓎
󰓎
󰓒
󰓒
󰓒
スイングへの影響
練習中、打感が悪くなる可能性はほぼない
󰓎
󰓒
󰓒
󰓒
󰓒
習得時間(目安)
2時間
必要な道具
ウェッジ
ポイント
手順4コマ目のように、終始バランスを保ちながらハンドファーストに打ちましょう。
󰠣
練習手順
アドレスを作ってからまずは素振りを数回行い、体のブレが無くなり、スムーズに振れてからボールを打ちましょう。
󰁌
1
ボールはおよそ左かかと内側線上付近に置き、両足を揃えた状態から右足を一歩引いて構えます。
󰁌
2
頭や体がブレないように、左足でバランスを取りながらテイクバックを取ります。
󰁌
3
インパクトからフォローでも、頭や体のバランスを大きく崩さないようにして打ちます。
󰁌
4
胸の前の三角形を崩さないようにしながら腕を中心にボールを打ちましょう。
トレーニング手順を動画で確認しよう!
ここに注意しよう!
󰁌
ヘッドからボールに当てないように、絶対に手首でこねて打たないように注意しましょう。
これができたらプロに診断してもらおう!
󰁌
アドレスよりもややハンドファーストを強めて打てるようにしましょう。
動画を投稿するだけプロからアドバイスが届きます