󰁍
󰃃
󰮓
トップオブスイング
オーバースイングやクロスに効く!トップで左腕を伸ばすトレーニング方法
#トップの左腕
#トップオブスイング
󰂺
概要
バックスイングからトップにかけて、腕が緩んでしまうと張りのあるトップが作れません。ましてや手打ちを誘発してしまい、不安定なスイングとなってしまいます。プロゴルファーのスイングの様にカッコいいトップを覚えていきましょう。
󰙴
効果
バックスイングからトップにかけて、クラブ操作が安定し安くなり、方向性が向上します。
󰥔
練習の準備
難易度
基礎があれば簡単
󰓎
󰓎
󰓒
󰓒
󰓒
スイングへの影響
練習中、稀に打感が悪くなることがある
󰓎
󰓎
󰓎
󰓒
󰓒
習得時間(目安)
2時間
必要な道具
ドライバー
ポイント
手順1〜4コマ目をよく確認しながら、トップで左腕が伸びている状態を入念に確認しましょう。
󰠣
練習手順
手順に沿ってトップを作り、左腕が伸びている状態を確認した後で、その感覚が損なわれない範囲でのスピードで素振りを行いましょう。
󰁌
1
ドライバーでアドレスしたら、クラブヘッドが『低く長く』を意識して、目標方向の真後ろへ引いていきます。この時、右手でクラブを引いていく意識を持つと良いでしょう。
󰁌
2
シャフトと地面が平行になるかならないかの所では、この様に両腕が伸びている状態にします。普段より少し大袈裟に行う事がポイントです。
󰁌
3
バックスイングはこの辺りで終了します。この時白い線よりも手元が上がってしまうと、左腕が縮こまり易くなってしまうので注意しましょう。クラブヘッドは惰性で上がっていくので、無理に大きなトップを作る必要はありません。
󰁌
4
右手首は自然に曲がったまま、右手の平でシャフト毎、左手を遠くに押していく様なイメージを持ちます。(白い矢印方向に押す意識)右手に力が入ってしまいがちですが、ここでは気にせず左腕を伸ばす事だけを意識します。
󰁌
5
アドレスに戻って、動作を繰り返しましょう。感覚が馴染むまでは、右手に力が入るイメージが強いですが、慣れてくれば無駄な力みも取れてくるので、まずはボールは打たずに回数をこなしていきましょう。
トレーニング手順を動画で確認しよう!
ここに注意しよう!
󰁌
手だけでテイクバックしてしまうと、この瞬間から左腕は縮み始めてしまいます。『クラブの上げ始め』は、特に注意が必要です。
これができたらプロに診断してもらおう!
󰁌
トップは大きく上げず、左腕が伸びたトップを作りましょう。
こちらもオススメ
こちらも注目
Golfieリーグ開催中ゴルフのランキング戦に参加しよう!
マイコーチを使ってオンラインレッスンを始めよう!
動画を投稿するだけプロからアドバイスが届きます
アプリでさくさく動かそう!