󰁍
󰃃
󰮓
ダウンスイング
脱スライスへ!アウトサイドインを抑制するシンプルな練習法!
#スライス
#アウトサイドイン
#ダウンスイング
󰂺
概要
スライスや右へ曲がるミスが多い人は、スイングプレーンがアウトサイドイン軌道になっている傾向があります。どんなスイングプレーンで振っているのかは、ダウンスイングに入った瞬間にほとんど決まります。正しい軌道でスイングしているか、ボールを2個使って、簡単に確認することができます。
󰙴
効果
実際に自身が、どの様な軌道でクラブを振っているのかをイメージする事が出来、正しい軌道をチェック・実践する事で、方向性が向上します。
󰥔
練習の準備
難易度
未経験・初心者でもできる
󰓎
󰓒
󰓒
󰓒
󰓒
スイングへの影響
練習中、打感が乱れても、気になる程ではない
󰓎
󰓎
󰓒
󰓒
󰓒
習得時間(目安)
2時間
必要な道具
ドライバー又はアイアン、ボール2個
ポイント
ボールの置き方に注意して、手順3コマ目の様な姿勢にならない様に注意しながら行いましょう。
󰠣
練習手順
手順通りにボールをセットして、まずは素振りを行い、スイング軌道がイメージできたら、打球練習を行いましょう。
󰁌
1
この様に、実際に打つボールを真ん中に、その前後にボールを置きます。画像は、アイアンで練習する際の置き方ですが、ドライバーでも置く位置は同じです。もしもアイアンで打ちづらい場合は、ドライバーと同じくティーアップして打ちましょう。
󰁌
2
設置した前後のボールに、クラブヘッドが当たらない様にボールを打ちましょう。特に手前(自身右足側)のボールには当たりやすいので、注意しましょう。
󰁌
3
アウトサイドからクラブが下りてくるメカニズムの多くは、この様にして、大きく上半身がターゲット方向へ動く事で発生しています。自身の動きはどの様になっているか確認してみましょう。
󰁌
4
ドリルの要領を得たら、クラブを変えて打ってみましょう。注意点は全クラブを通して同じです。
トレーニング手順を動画で確認しよう!
ここに注意しよう!
󰁌
上体がターゲット方向へ突っ込まないように注意しましょう。
これができたらプロに診断してもらおう!
󰁌
青矢印の方向、真っ直ぐもしくは右にボールが飛び始めるまで練習しましょう。
こちらもオススメ
こちらも注目
Golfieリーグ開催中ゴルフのランキング戦に参加しよう!
マイコーチを使ってオンラインレッスンを始めよう!
動画を投稿するだけプロからアドバイスが届きます
アプリでさくさく動かそう!