󰁍
󰃃
󰮓
ダウンスイング
「どうしても左に乗れない…体重移動ってなに?」そんな時に効果大!左足体重で左に乗せたままコンパクトスイングで覚えよう!
#コンパクトスイング
#左足体重
#コントロールショット
#ミート率
#ハンドファースト
󰂺
概要
クラブを振り下ろす際、左への体重移動が出来ていない人向けの、きっちりと体重を左へ乗せて行けるようになる練習法
󰙴
効果
インパクトで体重がしっかりボールに伝わる様になり、強い打ち出しが可能となり、飛距離が向上します。
󰥔
練習の準備
難易度
手順動画を見ればできる
󰓎
󰓎
󰓎
󰓒
󰓒
スイングへの影響
練習中、打感が乱れても、気になる程ではない
󰓎
󰓎
󰓒
󰓒
󰓒
習得時間(目安)
4時間
必要な道具
ショートアイアン
ポイント
左足体重&ハンドファーストに構え、手順2〜3コマ目をよく確認しながら、コンパクトにスイングする事を心がけましょう。またこの練習は、長時間行うと姿勢を維持することから、こりが生じて左腰付近に痛みが出る場合がありますので、やりすぎには注意しましょう。
󰠣
練習手順
手順に沿って構え、素振りを十分に行い、スムーズにスイングできたと感じたら、打球練習を行いましょう。
󰁌
1
やや左へ体重を乗せ、手元をハンドファーストにしてインパクトの姿勢を作ります。
󰁌
2
左へ体重を乗せたまま、テイクバックに入ります。
󰁌
3
体重を左に乗せたままなので、この様にトップはコンパクトになります。
󰁌
4
ダウンスイングに入りますが、体重は元々左へ乗せてあるので、体重移動を考える必要なくボールを打つことが出来ます。
󰁌
5
体重が左に乗っているため、強いインパクトから飛距離アップが望めます。
󰁌
6
コンパクトなスイングですので、当然フィニッシュもコンパクトになります。
󰁌
7
ショートアイアンである程度こなしたら、クラブをドライバーに変えて、同様の手順で練習してみましょう。
トレーニング手順を動画で確認しよう!
ここに注意しよう!
󰁌
構えた時点で、しっかり体重が左に乗っているか必ずチェックしましょう。
これができたらプロに診断してもらおう!
󰁌
インパクトの姿勢が構えた時と同じ姿勢になる様にしましょう。
こちらもオススメ
こちらも注目
Golfieリーグ開催中ゴルフのランキング戦に参加しよう!
マイコーチを使ってオンラインレッスンを始めよう!
動画を投稿するだけプロからアドバイスが届きます
アプリでさくさく動かそう!