トレーニングドリルを検索
バックスイング
インアウト軌道の人必見!テイクバックでフック&プッシュを克服!
レベル
中級
環境
練習場
効果
クラブの上げ方をイメージから変えていき、正しい軌道へ修正します。これにより、ヘッド軌道が修正され、方向性が向上します。
必要な道具
ドライバー
通常通り構えます。
テイクバック(クラブを引き上げる動作)で、いつもよりアウトサイド(外側)にヘッドを上げていきます。この時、ややクラブフェースは閉じ気味で上げて行くと良いでしょう。
トップにクラブが上がる直前、この様に今までよりもクラブのシャフトが(赤線矢印方向に)立っている事を確認します。最初は少し大袈裟に行うと効果が早く体感出来ます。
ダウンスイングに入る際、この様にクラブヘッドが上(或いは外側)から入る事をイメージします。前項までの手順で、十分にアウトサイドにクラブが上がっていると、この様にダウンスイングの軌道も修正されるはずです。(青線はスイング軌道のイメージです。)
(注)青色線はあくまでもスイング軌道の目安です。この様に、常に縦にクラブが上がり、縦に降りてくる様にイメージを持つ事が、このドリルでは大切なポイントになります。打った結果として、ボールがやや左目に飛ぶ事があれば、動作も改善している可能性があります。動きを変える時は、少々大袈裟にイメージを持って初めて、変化が見られます。最初は素振りから始めていきましょう。
ここに注意しよう!
このドリルでは、日頃のスイングイメージとは真逆の事を行うので、少しでも効果が見られたら、直ぐにプロに診断してもらいましょう。画像の青色線矢印方向の様に、左方向にボールが飛ぶ、スライスするといった結果が増えてきた場合、ここで数をこなすと今度はアウトサイドイン軌道が定着してしまうので、あくまでも矯正法として取り入れ、長期に取り組む前に必ず診断を挟みましょう。
これができたらプロに診断してもらおう!
自分なりの判断で構わないので、フックが減少した、球の捉え方に明らかな変化が見られた、打ち出し方向が向上した、などの変化を体感出来たら、動画投稿して一度診断してもらいましょう。
診断画面へ